【水素deポンポン】楽しむ✕美しい水素化粧品。たった60秒で簡単リフトアップ

水素deポンポン

水素deポンポン。肌にポンポンすることで、リフトアップできたり、シワやシミも気にならなくなる可能性のある水素化粧品があるのをご存知ですか?

忙しい現代社会では、ひとつひとつの化粧品をじっくり使っていられなく、短時間で終わらせられるスキンケアがあったらいいですよね。水素deポンポンは、化粧の上から使うリフトアップ系パウダー。水素のチカラでアンチエイジング効果も期待できる優れもの。新感覚の水素化粧品「水素deポンポン」の秘密に迫ります。

透明感も得られる!水素のフェースパウダー。リフトアップ効果や小顔効果も?!

水素deポンポンのパッケージ

水素パウダーを有効活用し、サプリメントの様に食べるだけでなく、身体に対して嬉しい効果を得られます。「水素deポンポン」は、顔の水分と反応し、水素が発生し続けるパウダーを肌にぴったりくっつけておくというもの。肌の内側にある細胞の活性酸素を除去し続けてくれるのはかなりの期待ができるもので、美容を気にする人にとっても嬉しいものかも。

使用している動画を幾つか見ていると、年齢とともに目立っているほうれい線も目立たなくようにもなっており、使用者の声を聞くとお肌がピンと張るような感じだとか。

水素を発生させるサンゴパウダー自体が白く、透明感も溢れるような色合いで、美白を求める人にとっても気になるところですね。

テカらない!崩れにくい。気になる毛穴やくすみもどこかへ

美容パウダーを使っている人の気になる声は、美白は期待できているもののテカってしまった。化粧が崩れてしまったなど。使用者の不満もたくさんあります。しかし「水素deポンポン」は、肌に自然に馴染み、しっかり吸着します。一番気になる顔にもポンポンすることで、毛穴やくすみもどこか消えちゃう。適度にきらめくパールが綺麗な白いお肌に大変身し、透明感のある肌色に仕上げてくれます。

水分と反応して水素を発生するフェースパウダーなので、化粧水などと同時に使ったとしてもさらなる効果が期待できます。お肌にも嬉しい水素生活をお肌にも始めてみませんか?

公式メルマガ★水素の真実を読む

使い方も簡単、パフの取り外しも簡単で衛生的!幸せなやわらかさ

水素deポンポンは、使い方も楽チンです。透明の蓋を開けて、真ん中の黒いリングの部分を「カチッ」っと音がするまで回します。そうすると水素パウダーが出るようになるので、顔にポンポンしてみてください。全体的にポンポンしたら、水素もなじませて、瞬間的な体感も得られます。パフに関しても取り外しが簡単で、あまりに汚れたと思ったら簡単にお手入れをしましょう。

中性洗剤を使用し、優しく洗い流します。綺麗な水でよくすすぎ、水気を拭き取って日陰で乾燥。乾燥したらパフは容器に乗せ、容器の溝にパフの口をはめ込めます。装着も取り付けも簡単だから、いつでも清潔なものを使い続けられますね。

公式メルマガ★水素の真実を読む

水素deポンポンの原材料と値段は?!

水素deポンポンのパッケージ

どんなにいいものでも、水素deポンポンはどれくらい長持ちするのか。
メーカーさんの話では、そう簡単にはなくならないという噂。もちろん使う量・回数にもよりますが、1ヶ月以上は持ってくれるんじゃないかと。2ヶ月位持つならば、安くていいですね。

【水素deポンポン】
●原材料:サンゴ末、タルク、シリカ、マイカ、ナイロン-6、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスオキサン)クロスポリマー、メタクリル酸メチルクロスポリマー、酸化チタン
●内容量:4g
●価格:4,800円

水素deポンポン_裏側

購入方法は、各エステサロンで見つけることができるとか。アマゾンでも取り扱いがあるみたいだけれど、今だけが安く購入できるみたいです。

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ……水素deポンポンは新感覚なリフトアップ化粧品

水素も水や水素サプリを飛び越え、化粧品に使われるようになってきました。水素パウダーが使われている商品は、多くはないですが、肌の水分と反応し活性酸素を除去してくれるのは美肌効果にもアンチエイジング効果にも期待できます。化粧の上から使い、化粧崩れも少なく、使用者の動画を見るとほうれい線も目立たなくなり、小顔効果も。そんな嬉しい水素化粧品は今後期待できるアイテムですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む