シミやシワには水素化粧水が効果的?!うっとりする肌年齢20歳へ

【水素化粧水】シミやシワに嬉しい効果が!水素水でも使えるの?気になる選び方

近年注目されつつある水素。まだベールに包まれていることも多く、まだわからないことも多く、徐々に解明されてきています。
様々な形で使われることが多く、美容・健康の両面からも期待されており、こだわりのある方ならば、特に次々と新しくなる情報をキャッチしていくことでしょう。

今後さらに期待が高まる水素商品を、早いうちから取り入れておきたいですよね。

さて今回は、水素の化粧水について考えていきます。

そもそも水素と肌ってどんな関係なのでしょうか?
水素水を飲むことが効果的といわれている中、化粧水として肌に直接つけるのはどうなんでしょうか。

気になる水素化粧水の基礎を考えてみました。

シワやシミが消える?その実態は?気になる水素化粧水

水素化粧水はシワを消す?

水素が化粧水に入っていても肌へ浸透しなければ意味がありません。それどころか、化粧水を製造する段階で水素が含まれていても、手元に届くまでに水素が消えてしまうことも……。それが起こる理由としては、容器の素材に原因があり、しっかり見極める必要があるわけです。しかし、実はここが最も難しいポイントともいえます。

水素を留めておける容器は現状ではなかなかなく、それゆえ一般的な店舗ではあまり見かけません。本当の水素の性質を知らずに「水素入り」と書かれた、実は抜けてしまっている詐欺商品を使ってしまっていることも……。

ちゃんとした水素化粧品を使うために、「水素がしっかり入っている。」もしくは、「水素が発生する」化粧水の見分け方はあるのでしょうか?

そして水素は本当に肌に良いのでしょうか?
肌への作用はいったい……。

水素が肌に良いとされる、その理由とは?

肌の老化に関係するものとして「酸化反応」があります。食べ物も長い間、空気に触れると悪くなったりしますよね。肌もそれと同じように、酸化して肌の老化が進んでしまうのです。

酸化の原因は、紫外線など外部からの刺激やストレスによって、活性酸素が発生するためです。この活性酸素が、コラーゲンを傷つけ、シワを作る原因になると言われています。それだけでなく、紫外線が原因でメラニン色素が酸化し、シミになる可能性まであります。

シワもシミも、お肌の大敵。できることなら増やしたくないものですよね。
そこで活躍するのが、水素なのです。

水素には高い抗酸化作用があり、肌を老化へと導く元凶である活性酸素の排除が期待されています。抗酸化作用は、もともと酸化を防ぐ働きです。しかし年を重ねるのと、紫外線を浴び続けることで、抗酸化作用が弱くなっていくことが報告されています。弱くなった抗酸化作用をそのままにしておくと、その分肌の老化が進んでしまいます。

公式メルマガ★水素の真実を読む

化粧水の性質だからできること。直接肌につける

水素水を直接肌に

水素化粧品の魅力は、何といっても肌へ働きかける速さです。水素水を飲み物として体内から取り入れるより、直接、肌へ作用するため、より速やかな効果が期待できるのだとか。水素水が細胞の新陳代謝が活性化し、老廃物の排出が促進されてより美しい肌へと変わっていくのです。

乱れたターンオーバーも、老化の原因である活性酸素の除去を早いうちにしておけば正常に戻るのも早くなります。ターンオーバーを正常に戻したければ、早めの対処をした方が良いかもしれませんね。

公式メルマガ★水素の真実を読む

ボトル内に水素があることの必要性

水素をボトル内に留めておくことは、実はとても重要で大変なのです。水素は一つ一つの分子が細かく、通常では容器を通過し、抜けてしまいます。製造した直後は、水素をたっぷり含んでいても、いざ使うときに水素が抜けてしまった状態のものだと残念ですよね。
水素水で時間が経つと水素が入っていない。表示されている数値より少ないというのと同様な原因です。

そうならないためにも、容器の性質が重要になってきます。どの素材が抜けにくいのでしょうか?

水素が抜けにくいのはズバリアルミ容器!

最も水素が抜けにくいのはアルミ容器です。そして真空状態となっている必要があります。なぜなら空気が入っている場合、空間に水素が集まり、開封と同時に水素が抜けてしまう可能性が非常に高いからです。これだとせっかくの水素も台無しです。

また、プラスチック製の容器に入った水素化粧水を見かけたら、、それは避けて良いでしょう。ボトルの中がアルミでコーティングされていれば話は違ってきますが、コストが高くなってしまいます。

プラスチック容器は一見、抜けなさそうに思える素材ですが、プラスチックと水素分子では明らかに水素分子の方が小さいため、時間が経てば経つほど抜けてしまうのです。

水と反応し、水素が発生する成分があれば安心

ただし、これはある特定の成分が入っていれば安心できます。

ある特定の成分とは、「水素化マグネシウム」や「サンゴカルシウム」です。これが入っている場合、水分と反応して水素が発生するため、水素が「抜ける」という現象は起こりにくいのです。

しかし、化粧水に限っては、製品自体にすでに水を含んでいるため、水素が発生する成分の反応による対処は厳しいでしょう。水分が含まれていないクリーム系の製品であれば、水素化マグネシウムやサンゴカルシウムは有効です。肌に触れた際、お肌の水分と反応して水素が発生するので、きちんと肌へ届くでしょう。

また、ナノバブルや超解離水など特殊加工している場合、抜けにくいとされています。寒天の中に、サンゴカルシウムなどを閉じ込めて、使用と同時に水素が発生する設計の化粧水や美容液などもあります。

水素化粧水でも使える容器としては、水と合わさると水素が発生する特殊なボールを入れ、さらにこれを空気の入らない容器に入れて作られたものがあるようです。これは水素化粧水としては最適な容器といえます。ただ、ここまでのものは一般に流通しているものはなかなか少なく、ネット通販が主流のようです。店舗では見かけないタイプかもしれませんね。

しかし効果としては水素を閉じ込める条件を満たしているため、こだわって探してみるのも良いと思います。

公式メルマガ★水素の真実を読む

気になる!普通の水素水を化粧水の代わりにできる??

水素水は化粧水の代わりに?

ただの水を顔に吹きかけているような感覚かもしれませんが、実はとても効果的なのです。メリットとしては、なによりもお肌への刺激物が少ないこと。一般的な化粧水は、香料や保存料といった様々な成分が含まれており、これらが肌に合わず刺激を感じる場合もあります。

お肌が敏感な方は、化粧水を使うだけで赤く、ヒリヒリする方もいるでしょう。その点、水素水は水と水素のみで作られるので不要な成分に悩まされる心配はありません。どなたでも気軽に試せるのもメリットです。

ただし前提として、しっかり水素が含まれている水素水に限ります。

ただプラスチックの容器に入っているだけの水素水では、水素が抜けてしまっていると思った方が良いでしょう。これも水素化粧水と同じ目線で容器をチェックすると良いです。

市販の水素水も悪くはないのですが、水素サーバーや水素吸入器を使い、できたての水素水を化粧水として使うのがベストですね。

まとめ

水素化粧水の肌への効果は抜群であること、水素の取扱いが非常に繊細であることがわかりました。選び方を一歩間違えると、水素の入っていないものを購入してしまうかも。

刺激的なキャッチコピーや容器の艶やかさに惑わされず、ちゃんと中身と容器の素材を見極めることが大切です。水素は、食べ物の腐敗や味覚、物質の色の変化のように、見える形での良し悪しが判断しづらいという特徴もあります。

だからこそ消費者は成分表や容器の素材に着目する必要がありますし、自分自身も知識を蓄え、そこでしっかりと判断するのがベターですね。

これから技術が発達するにつれ、もっと使いやすい水素商品が出てくる可能性は十分にあります。

もちろん、水素が抜けない容器研究もそうですが、より美しい肌へ変わるために効果的な化粧品の開発も進むでしょう。ですが、今を生きる私たちは「今」を判断する力を持つべきです。何が大切でどこを見ると良いのかをしっかりと見極めて、自分に合ったものを探せる力がつくと良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む