水素による美容効果は絶大!より質の高いスキンケアを求めて

水素による美容効果は絶大!より質の高いスキンケアを求めて

普段、美容液はどういった時に使っているでしょう。

一週間、仕事をやりきった肌へのご褒美でしょうか。それとも大事な予定の前日に使う、贅沢なひとときとして使いますか?

もしかすると日々のケアとしてこまめに使っている方もいらっしゃるかもしれませんね。日常的に使う化粧水に比べ、美容液は特別なシーンに使う方も多いかと思います。だからこそ、選ぶときに慎重になる方も多いのではないでしょうか。

美容液は普段の化粧品にプラスオンの効果をもたらし、より潤いのある肌や若々しい肌へ近づけてくれます。プラスオンなだけに、もしかしたら経済的な理由から使用する化粧品類を最小限に抑えている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、本当のところはいかがでしょう。

贅沢できるのであれば美容液も買いたい!と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。女性にとって老化やシミ・シワは大敵です。できることならスキンケアも徹底し、最大限予防をしておきたいところですよね。

少しでも若く見られたいという願望を持つ方は多いと思いますし、肌への自信は外へ出ることのワクワクにも繋がります。ワクワクした気持ちで外に出れば、いつもの日常も違う景色のように見えるかもしれません。

そんな魔法のようなきっかけをくれる美容液。せっかくなら質の良い美容液を効果的に使いたいですよね。そこで注目したいのが水素。水素水として飲む以外にも、直接肌へつけることでダイレクトに美容効果に繋がる贅沢な美容液です。

今まで水素を取り入れたことがなかった方も、この機会に水素美容液を試してみてはいかがでしょうか。

そもそも美容液ってどのタイミングで使うもの?

水素美容液はどのタイミング?

普段、化粧水と乳液のみのケアで終えている方は、いつ、どのタイミングで使用して良いものか悩むかもしれません。

基本的には化粧水→美容液→乳液といった順番になりますが、ここで大事なポイントがあります。
それは、化粧水をつけた直後の肌に美容液をつけないこと。これはとても大事なことで、せっかくの美容液も意味がなくなってしまうかもしれませんのでご注意ください。

化粧水がしっかりと肌へ浸透してから、美容液をつけるのが良いでしょう。水分だらけの肌に美容液をつけても、浸透が悪くなるだけです。パッティングなどでしっかりと化粧水で土台を整え、肌が落ち着いた頃に美容液をつけましょう。

買う前の判断基準!注意しておきたいこと

一日の終わりを癒してくれたり、疲れた自分をリフレッシュさせてくれる、女性にとって至福の時間ですよね。

でも、買う前に注意したいことがあります。

その美容液には本当に水素が含まれているのか?ということです。
たとえば容器について。通常の化粧水などではプラスチックの入れ物が使われていることが多いかもしれません。しかし、水素も同じ基準で見てしまうのは危険です。

水素は分子が非常に細かいため、たいていの容器では水素は抜け出てしまうのです。では何の容器に入っていると安心なのか?最も効果的なのはアルミパウチに入っているものです。

プラスチックの容器だったとしても内側がアルミで包まれていれば大丈夫なのですが、アルミパウチを買ったほうが見た目にもすぐわかりますし、コストも安いです。それに加えて真空状態であることも重要です。

空気があるとそこへ水素が逃げてしまい、結局は水素がとんでしまう空間ができていることになってしまうのです。そうなると蓋を開けた瞬間、その空間にいた水素はたちまち逃げていってしまいます。
アルミで逃さないようにしていてもそれは容器の中だけで、肝心の美容液からは水素がなくなっている、そんな状態は悲しいですよね。

そうならないためにも、ご自身で買うときはくれぐれも容器に気をつけてください。

公式メルマガ★水素の真実を読む

美容液にちゃんと水素が含まれているか、成分表でも確認する

成分などをチェック

容器が重要なのも一つありますが、成分表から読み取れることはあるのでしょうか?

前述の補足にもなりますが、プラスチックの容器に入っていたとしても水と反応して水素が作られるような仕組みになっていれば大丈夫です。容器に入っている時点では水素が発生していない状態ですので、「容器から水素が抜ける」という現象にはなりません。

この、水と反応して水素が発生するための成分が「水素化マグネシウム」や「サンゴカルシウム」とよばれるものです。

水分に反応するとはどういった状況か?それは手にとって肌へつける時に発生します。自分の肌の水分や、美容液をつける前に化粧水を手に取っているわけですからここで十分に水分と反応するのです。

いわばできたての水素を肌へつけているような感覚ですね。また、これは美容クリームのように本体自体に水分が少ないからこそ効果的で、化粧水のようにもともとが水分ではこの水素化マグネシウムやサンゴカルシウムは意味がありません。

容器の中で水素ができてしまいます。

クリームやジェルといった、比較的美容液タイプのものにある形状だからこそ有効だといえるでしょう。美容液を選ぶ際には、容器に加えこういった成分の有無も見ると良さそうです。

公式メルマガ★水素の真実を読む

そこまでして水素にこだわる理由とは?

水素がまだ聞き慣れない方は、いったい肌にどういう効果があるのか、そもそもなぜ肌に良いのか一致しない方もいらっしゃるかもしれません。なんといっても抗酸化作用が水素に期待できる大きなポイントです。

これは体内の活性酸素を除去してくれる作用なのですが、活性酸素にも善玉と悪玉があることをご存知でしょうか?

水素はその悪玉のみに作用するといわれ、善玉に影響することなく悪いものを外へ出してくれるのです。

善玉と悪玉の働きは何が違うのでしょうか?

善玉は外からの細菌や微生物を除去し、免疫力を向上することに大きく影響しています。
善玉活性酸素は、私達に取って必要なものでもあるのです。一般的に抗酸化作用のある成分としてビタミンやポリフェノールがありますが、これらは善玉へも反応してしまい、必要な活性酸素まで除去してしまう恐れがあるのです。

悪玉は肌の老化を進行させたり、シミやシワの原因になるとされています。

いわゆる、体がサビるといった現象になり、美容という視点から考えると最も除去したい成分の一つではないでしょうか。この悪玉にのみ反応してくれるのが、水素なのです。

善玉には影響せず悪玉のみを除去することで、免疫力も落とさずに体内のサビを落とすことができ、毎日取り入れたとしても安心なのです。

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ

水素を美容液として取り入れることについてご紹介しました。様々な情報が行き交う中、効果的で正確な情報を得る必要がありますね。

活性酸素でいえば、「○○が抗酸化作用がある」といった情報だけでそこに集中してしまうと、「抗酸化作用にも善玉や悪玉が存在する」といった情報を見落としてしまうかもしれません。そこから偏った情報により、必要なものまで失ってしまう可能性もあります。

小さな事でも、それがなぜそういわれているのか、どこか抜け落ちている情報はないか、疑問を持ち自ら探っていく力も必要かもしれませんね。

水素は今後も効果が期待され、研究が進むとさらに情報が展開されていくでしょう。その時にどれだけ最新の情報についていけるかも重要になりそうです。

何よりも自分自身に取り入れるものですから、情報を得ることは自分を守ることにも繋がります。
美容意識を高めて美肌を手に入れることはもちろん、健康的な肌になっていくためにも今後もますます注目していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む