【水素化粧品の美容理論】なぜこれほどにも美肌効果が?!

【水素化粧品の美容理論】なぜこれほどにも美肌効果が?!

水素が美容効果をもたらしてくれるのは、多くの研究でわかってきています。
水素水や水素サプリメントなど飲んだりすることで、美肌効果を体感する人がとても多く、健康になりながらも綺麗になれるというスーパーアイテムです。

水素は活性酸素を除去してくれる力があり、細胞一つひとつまで見てみると若いころの細胞に近づいているような感覚が得られます。そのため次の日に疲れを残さないようにしたり、肌のくすみなんかも徐々に綺麗になっていくのです。
健康にも美容にもいい水素のアイテムを美容に特化したらどうなるか。すごい効果的なアイテムに早変わりしそうな気がしませんか?

美容に特化した水素のアイテムは、美容クリームや美容液などです。
水素クリームや水素美容液の中に水素をたっぷり吸蔵させた成分が配合されており、肌に塗ることで水素が発生し肌に美容効果のある水素の恩恵がたっぷり受けられるというのです。

でも何で肌に塗ることで美容効果があるのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。
今回は、水素の美容クリームや美容液など、お肌に嬉しい水素化粧品について徹底分析していきます。

水素化粧品のメカニズムと美容効果

水素の効果はあなたの身体の細胞に働きかけ、悪玉活性酸素を除去してくれるような作用を期待することができます。
水素は宇宙一軽い気体で小さな分子であるため、身体の中も実際には通りすぎてしまいますが水素が発生しているところに近いところが主に作用していくと考えられます。
例えば、水素サプリメントなら、胃腸で水分と反応が起き、お腹の中を中心に水素の影響が広がっていきます。
それと同じように顔に塗る美容クリームであれば、顔面が水素発生するポイントとなり、一番近い誰もが綺麗でありたいと思う顔が水素の影響を受けることになります。
そのため、水素水や水素サプリメント以上に水素化粧品の方が美容効果や美肌効果があると考えられます。

さらに炎症を抑える効果もあるため、ちょっとした傷も水素クリームを塗ることで短い期間で目立たなくなるというような効果を実際に体感したという人もいるくらいです。

なぜ塗るだけで水素が発生する?!

水素クリームや水素ジェル、美容液などの化粧品はなぜ塗るだけで水素が発生するのか気になりませんか?

水素クリームなどには水素を吸着させたマグネシウムが微細な粉末状になって配合されています。水素を吸着させたマグネシウムは、水と反応することで水素が発生します。
皮膚は呼吸をすることによって、肌の中の水分が外に出ていきます。その作用を上手く活用して、クリームの中にあるマグネシウム微粉末と体内の水分とが反応しあって、水素が発生し続けるのです。

綺麗にしたい肌に直接大量の水素が流れ込むというイメージなので、美容効果絶大といってもおかしくないでしょう。

乾燥肌の人はちょっとした工夫が必要

乾燥肌を保湿する
水素クリームの中に入っているマグネシウム微粉末は、肌の水分と反応して水素が発生するというのがわかりました。
ここでちょっと疑問なのが、肌の水分の少ない(?)乾燥肌の人はどうなんでしょうか。答えは、カサカサの状態でクリームを塗ったとしても効果が余り期待できません。
化粧水を使い、保湿クリームなどを塗って肌の中に水分を維持した後に水素クリームなどの水素化粧品を使うと効果抜群です。その他、入浴後などに保湿クリームと共に使うというのがベストです。

肌の水分がちょっと少ないかも?!
って思ったら、水素クリームを塗った後に化粧水を軽く吹きかけても水分と反応し水素発生に期待できるでしょう。

自分のお肌の状態をしっかり見極め、効果的な使い方をしてください。

【水素化粧品の選び方】自分にとって最も効果のあるものを!

水素の効果を多く得たいということで水素が含有した化粧品を選びたいという人が続出しています。

しかし、気をつけなければいけないのは水素配合と謳った商品は、本当に水素が入っているかどうかです。
水素は宇宙一小さな分子なため、プラスチック製の容器だった場合、水素が抜けてしまいます。
製造直後は水素濃度が高くても徐々に減っていくため、使うころには水素がなくなってしまうという悲惨なことも起こってしまいます。
例えば、水素水を化粧水として利用するという考えですが、水素水サーバーなどで水素をその場で創りだした場合なら化粧水として使用しても水素の効果はあると考えられます。
しかし市販の化粧水と水素水を混ぜて作りおきした場合、保存方法によっては水素が徐々に抜けてしまうことも。

水素が入っていると思って使用しているけれど、結果的にまったく効果がないという残念な結果に……。

水素の保存はアルミパウチで!

様々な商品の中で水素の効果を期待して買う場合、アルミパウチのものを選んでください。
ただしアルミパウチでも空気がちょっとでも入り込んでいたとしたら、開けた途端たちまち水素がどこかいっちゃいます。
触ってみて空気が入っていたら水素がなくなってしまうと思っておくといいでしょう。

ちゃんと密封されているものを選んでください。

容器がプラスチックでも水素化マグネシウムならOK

水素クリーム
水素が配合していなくても、使った後に水素が発生する処方なら効果が期待できます。
たちまちどこかに行ってしまう水素と違って、水分と反応して水素を発生させる水素化マグネシウムなら使用した後に水素の恩恵が受けられます。

そのため、水分が少ない水素クリームや水素ジェル、水素パックなどは水素化マグネシウムを保持しておくことが可能なので、それが入っているか確認してみましょう。

実際にどのくらい入っているかはわかりませんが、美容の成分表を確認してみると基本的に多いものから記載されています。
ある程度は入っていると思いますが、できるだけ早く表示されるものを選ぶといいでしょう。

自分にとって使いやすいものを選ぶ

化粧品全般に言えることですが、自分の使いやすいものを選ぶというのが重要です。
クリームがいいから、美容液がいいから、化粧水がいいからと広告のイメージはあたかも良いようにイメージを植え付けます。

もちろん効果を期待して買うのだから良いのですけれど、自分の習慣からかけ離れているものを選ぶときは注意が必要です。
購入したは良いけれど、結局2、3日使って気づいたら使わなくなっていたというのは一番残念すぎます。

どんなものでも継続的に使うことで効果は発揮します。それは水素も同じです。
普段からクリームを使っているなら、クリームを変えてみるとか。パックをする習慣があるならパックを使ってみるなど、自分のライフサイクルに合うようなものを選んでください。

ちなみに顔全体に塗るものもあれば、ワンポイントで使用するものもあるようです。例えば、シミが気になるならシミだけに直接塗るものなど。

水素の基本がわかって、水素が自分の肌に対し効果的に作用することがわかれば、後は自分の肌と習慣に合ったものを選んでください。

公式メルマガ★水素の真実を読む

美魔女になるための第一歩?!年齢以上に若く見られるために

美魔女は水素を使ってる

水素習慣を始めている人は、年齢以上に若く見られる方が多いです。

「30代後半かな?!」って思っていたら、実年齢は40後半もしくは50歳を超えていたり、実年齢より10歳近く若く見える方がいらっしゃいます。いつまでも若く見られたいというのは、老若男女問わず願望にあると思います。

初対面の人から「思った以上に若くてビックリです。」といわれる瞬間って嬉しくないですか?
美容や健康においての努力をして、そう思われるのであれば嬉しさは半減してしまうかもしれません。
しかし、努力はそれほどしてなくても老化が抑えられるとしたらこれほど嬉しいものはありません。

水素は、細胞が活性化し、若いころの状態に徐々に近づいていきます。細胞の若さを取り戻すことで、年齢以上の肌になり、結果的に若く見られる。お化粧の乗りや肌の艶、モチモチ感もかなり嬉しくなっていきます。

水素のパワーが凝縮された水素化粧品を使い続け、若くて健康的なお肌を手に入れて欲しいです。
早い時期から使い続ければ、50、60歳になっても30代と言われるような美魔女になっているかもしれませんね。

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ

水素化粧品の美容理論と美肌効果についてまとめました。
水素の影響を受けるところが近ければ近いほど、効果テキメンということがわかったと思います。

水素水や水素サプリメントは、胃腸から身体全体に広がっていくイメージです。水素化粧品は、直接肌につけるため、塗ったところの細胞が一番水素の影響を受けると考えられます。そのため、より美容にうるさい人や美肌効果を求めたい人は、水素クリームや水素ジェルなど、水素の化粧品にこだわるのです。
もちろん、配合されている成分の中で重要なのが水素化マグネシウム。肌の水分と反応し水素が発生する画期的なメカニズムです。乾燥肌の人は、保湿クリームや化粧水などを活用しながら使用するとより効果的。

理屈がわかればなぜ水素化粧品が美容に効果的なのかがわかります。
自分の習慣や肌に合ったものを選ぶとより効果的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む