【KENCOS3-m】ケンコス3徹底解剖!いつでも吸える水素の実力は?!比較も公開!

KENCOS3-m(ケンコススリーエム)の製品発表会から早3週間。予定の発売日は5月25(金)でしたが、5月17日(木)にマスプロ電工よりプレスリリースが出され、発売延期に。2018年7月30日に発売日が決定したということで、今から待ち遠しいですね。

公式の発表によると、「製品の最終的な調整と確認に時間を要している」ということで、製品発表会後に何かしらあったのではないかと推測できます。

KENCOS3-mは、第三世代のケンコスで、KENCOS2-s(ケンコスツーエス)と比べるとサイズも小さくなり、軽量化も成功し、価格がダウンした嬉しい内容です。水素発生量などの基本スペックは、KENCOS2-sと変わらず、1分間8mlの水素発生量とパワーは同じです。

数あるポータブル水素吸入器の中ではどの機器よりも使いやすく、セッティングの準備はほぼいらないため、使い続けやすいです。

本記事では、ケンコス2との比較や製品発表会で語られていた内容と実際に使ってみた感想をレポートしていきます。なお、本記事に出てくるKENCOS3-mは製品発表会で配布されたものです。実際に発売されるKENCOS3-mとは、微妙に違う可能性があるため、あらかじめご了承ください。

続きを読む

KENCOS戦略を語るアクアバンク竹原社長のビジョン!IoT搭載健康ガジェット?!

3月27日に株式会社アクアバンク主催の水素吸引にまつわる講演会に参加しました。前回の記事では、医学博士矢田幸博教授の水素吸引を活用した臨床実験のレポートを中心にお届けしました。

その講演会の中で、株式会社アクアバンクの竹原タカシ社長によるKENCOS(ケンコス)の将来とビジョン、そして矢田教授と二人三脚でここまで創り上げた経緯を話され、それをレポートさせていただきます。

水素の魅力や水素吸引業界のビジョンが再確認できます。KENCOSの将来的な展開も知ることができます。

6年前に再認識した水素の魅力!医療の現場から

竹原社長が、水素に着目したのは2012年のことで、慶應義塾大学から「ある論文」が発表されたのがキッカケだそうです。

続きを読む

水素吸引のヒト対象臨床試験のデータを交え医学博士が将来性を語る

ポータブル水素吸引器「KENCOS(ケンコス)」シリーズを開発した株式会社アクアバンクはご存知の方も多いかもしれません。電子タバコの様な形状で、手軽に水素を吸引でき、1分間に8ccの水素量を発生させます。このKENCOSのアクアバンク主催講演会にお誘いいただきました。

株式会社アクアバンクの顧問としても活躍される医学博士の矢田幸博教授より「水素吸引の効果とその将来性」と題して、矢田教授主導のもと臨床試験から得られたリアルな情報が報告されたということもあり、健康や身体機能を気づかう人にとって興味深い内容となっております。

矢田教授は、花王株式会社にて、皮膚生理機能に関する基礎研究に従事し、世界で初めて「紫外線による皮膚の黒化機構の解明」、「アトピー性皮膚炎の皮膚脂質代謝の解明」など発表されました。専門分野は、統合生理学(中枢機能~自律神経機能~末梢機能)、皮膚生理学(皮膚機能解析、皮膚老化)、生理学(細胞内情報伝達機構の解明)など、多岐にわたっています。(水素吸引に関する矢田教授の講演会チラシより抜粋)

アクアバンク×矢田幸博教授の「水素吸引の効果とその将来性」の講演レポートとして、水素吸引のリアルな情報をお伝えさせていただきます。

続きを読む

60分水素浴カプセル体験!全身から水素吸入、細胞すべてが悪玉活性酸素とおさらば

水素吸入業界の進化はすごく、呼吸だけでなく全身から水素を吸収するサロンが銀座にオープンしました。以前も何度か話題には出させていただいております水素吸入カプセルです。プレオープンの時に招待いただき、60分間のリラックスタイムを満喫させていただきました。

酸素カプセルと同じようにカプセル内の気圧が高まるため、耳抜きをすることで頭痛になることを未然に防ぐことができます。スキューバダイビングをやっている方は、自然とできます。しかし、不慣れな方は耳抜きがしやすいように飴が用意されています。1.35気圧まで増えるため、身体全体に圧をかけることで血流の促進も促せそうです。

水素吸入カプセルに入った後の感想も含め、今回体験したレポートを書かせていただきます。
その他の水素吸入レポートは、こちらを御覧ください。

続きを読む

水素吸入の2018年は?世間には良いものと認知!かわいいデザインの吸入器たち

健康博覧会2018に足を運んできました。水素マガジンとしては、水素にまつわるブースに色々とご挨拶をさせていただき、水素業界の今を発信していきます。

水素は健康産業がメインと、国策として研究開発中のエネルギー分野と大きく分けると2つがあります。健康分野は、健康博覧会が一般の方々へ届く前の情報が知れるため、今年の動向を占う上でも重要になってきます。

健康分野でも、水素は研究中のことはまだまだあり、少しずつ解明されてきています。

水素水が数年前にブームとなり、国からのご指導やネガティブ報道で萎んだこともありましたが、その結果、今はどうなったのかを水素吸入メーカーに色々と尋ねて回りました。

水素吸入ジャンルの最前線情報と合わせて、お届けします。

続きを読む

水素吸入の新しいカタチ「水素浴カプセル」全身から水素が浸透!

突然ですが、酸素カプセルを使ったことはありますか?
密閉された空間の中に閉じ込められ、高濃度の酸素が充満され、身体の回復能力を高めてくれる優れたポッドです。酸素カプセルは、スポーツを嗜む方にとって嬉しい効果が多く、利用してみたらスッキリした!という口コミなど多いです。

しかし、酸素が充満することによって、気圧の変化が起こり、頭がキーンとなることも多々あります。酸素カプセルの強化版……というわけではありませんが、水素を充満させ呼吸だけでなく、全身から細胞の隅々まで取り込むことができそうな水素浴カプセルのショールームが銀座にオープンします。

今回は、水素吸入の新たな形と題して、水素浴カプセル情報についてお届けします。

続きを読む

【水素吸入体験】銀座のスイソニアショールーム訪問。圧倒的信頼とブランド価値

9月6日曇り。
季節の変わり目でパッとしない天気。身体も日々の疲れや、頭痛や鼻水が残る中、水素吸入を体験するという。ある意味、水素吸入の効果を体感しやすい状態です。

水素吸入機「suisonia(スイソニア)」は、これまで吸ってきた中の水素吸入機とは違い、エステサロンや医療機関などにも導入されるプロレベルのものなのです。現在の水素吸入機の多くは、電気分解方式のもの。しかし、スイソニアは熱を加えて蒸気にし、その蒸気に対してもさらなる過熱を行う「過熱蒸気分解法」というのを採用。

未だ、電気分解方式と過熱蒸気分解方式では、どちらの方が良いか議論が尽きませんが、過熱蒸気処理方式の方がより高額です。高いから良いかといったら単純には決めつけられませんが、スイソニアは、大学機関や社内の研究部が臨床治験などで得られたデータを元に絶えず研究開発を行っています。

水素に関してまだまだ懐疑的な見られ方をされているものの、少しずつ効果が理解されつつあります。そこで大事になってくるのは、信頼性です。今回は、スイソニアの体験でわかったことだけでなく、プロダクトの魅力や安心などを伝えられたら幸いです。

続きを読む

【水素吸入器ランキング】発生方式で価格も安全性も差が!どれが一番おすすめ?

水素吸入器も今ではかなり多くの製品が作られ、消費者としてはどれを選べば良いのでしょうか。

水素水より効率よく水素を体内に取り込むことができるため、愛用している人も多く、まだこれからの方も口コミや評価を見ていると使ってみたい!と思う人も多くいるでしょう。水素吸入器によっては、飽和した状態の水素水を飲むことができるのも魅力的です。

水素吸入を体験する場合、水素サロンなどお店に行き、リラックスした状態で吸わせてもらえるのも魅力で、1回あたり2000円~3000円というのを考えると、購入したほうが安いようにも感じてしまいます。一度や二度、水素サロンに足を運ばれて、予想以上の体験をし、効果を実感したならば、いつでも水素を吸うことができる状態にしたいというのもわかります。

水素吸入器はタイプ別で分類することができ、手軽に持ち運べ、どこでも簡単に吸うことができる「携帯型」。水素吸入でよく見る鼻から吸入するチューブ「カニューレ」を使わなくても良いタイプです。携帯型よりは大きく、持ち運びも可能なボトル型。以前も取り上げたことのあるダブル水素ボトルを中心に、水素カニューレを利用するものがほとんどです。据え置き型は、この中でも業務用に近いパワフルな水素吸入器で、他のものと比べ物にならないくらい大量の水素の恩恵に与れます。

今回は、タイプ別にどの水素吸入器を選べばよいのか解決するために、おすすめをランキング形式でお届けします。

続きを読む

書籍「水素吸入健康法」で簡単にわかる水素の力と健康問題

水素に関する書籍も少しずつ出てきています。「水素」単体の話ではなく、効率的に水素を取り込む方法として「水素吸入」に焦点をあてた書籍を見つけたので読んでみました。新書サイズで読みやすく、さくっと読みやすいのはとてもいい。おおよそ2時間程度で読み切れてしまうので、水素のことをもっと知りたいと思ったら、読んでみると良いでしょう。

私自身も久しぶりに水素にまつわる本は読んでみたので、所感について書いていきます。

『水素吸入健康法』橋本勝之

書籍『水素吸入健康法』はおおむね合致!これ一冊でベースは理解

水素吸入健康法
続きを読む

水素吸入のスポーツ利用でパフォーマンス増!マラソンでの事故も減るという噂も

水素吸入は美容・健康だけでなく、スポーツや身体を動かすことが好きという人にとってもかなりプラスなことがわかってきています。最近では、運動前に水素吸入器を使い、野球やサッカー、マラソンなど試合終了まで、いつも以上に動けたり、パフォーマンスが上がったり、さらには、試合中や終了後の疲労感など、あまり感じなくなったという声もあります。

スポーツはやりたいんだけれど、次の日の疲労を考えるとちょっと……。

と考えている方でも、水素吸入を上手く活用することで悩みが解決するかもしれません。

今回は、野球やサッカー、マラソンなど。有酸素運動がメインとなるスポーツを好んで行っている方へ、水素吸入の耳寄り情報をお届けします。

続きを読む

たった30秒で登録★公式メルマガを読む