水素水の種類と効果的な飲み方│美肌やダイエットの成功に

水素水の種類と効果的な飲み方│美肌やダイエットの成功に

水の代わりに水素水を飲む習慣に変えることで身体にとって良い変化があらわれます。
これは水素水の中に含まれている水素が細胞にとって良い働きをし、美肌効果やダイエットなど嬉しいことが起こります。

水素水に含まれている水素がいいのは、医学的にも証明されており多くの方が体験を語り、各個人に差はあるものの一定の体感は得られているようです。しかし、水素水を探そうとしてもかなりの商品が出まわっており、どれを選んでいいか迷ってしまいます。

ペットボトルやアルミパウチなどパッケージ化された水素水もあれば、スティックタイプやウォーターサーバー、浄水器など、水素水を飲むためにどれを選ぶのが一番効果的なのか迷ってしまいます。

今回は、水素水を飲むためにどの方法がいいのかまとめました。

1.アルミパウチや専用ボトル。市販や通販で購入可能な手軽に飲める水素水

市販品の水素水
アルミパウチやアルミの専用ボトル、ペットボトルなどの普段から飲む水として活用したい手軽なアイテム。通販やコンビニや薬局など市販で購入可能で、持ち運びもしやすい水素水です。

水素の性質上、容器によって製造時充填されている水素が飲む頃にはなくなっているという噂もあります。水素は、分子が小さくプラスチック等は通過してしまうため、ペットボトルに入れられた水素水は飲む頃には水素がなくなってしまうという悲しい事態が起こってしまいます。

その他、空気に触れている場合も水の中から水素が抜けてしまいます。アルミは水素を通さないといわれていますが、アルミボトルの場合、ボトルの中に空気が入り込んでしまっているため、あけた途端に水素がどこかへいってしまうことも……。

値段は、1つあたり200~300円程度のものをお店でよく見かけます。ちょっぴり高級なものを扱っているお店であれば、500円を超えている水素水を見つけることもできます。
通販で買う場合、1箱3,000~8,000円など値段も様々です。

アルミパウチが効果的な水素保存法

ペットボトルやアルミボトルなど、飲む頃には水素が抜けてしまっている問題点を解決したのがアルミパウチ形状のものです。
アルミと樹脂コーティングを施した容器は水素を通さず、飲む頃にもしっかりと水素が入っている状態です。

さらにいうならば、飲み口はプラスチックで作られているため完全にアルミパウチのみで密封されているものを選ぶといいでしょう。密封されているものをコップなどにあけ、飲むという方法が一番いいです。

せっかく水素を得るならば、十分に溶け込んでいる状態の水素水を飲みたいですね。

水素水の効果的な飲み方は時間をあけずに一気に飲むこと

市販や通販で入手可能な水素水の効果的な飲み方は、1つだけです。それは、時間をあけずに一気に飲み切ってしまうことです。水素水は、空気に触れると徐々に水素が抜けてしまいます。2時間程度で半分以下になってしまうといわれてます。

500mlや250mlなど様々な容量の水素水があり、容量が大きい方がたくさんの水素水を得ることができるので「お得」の様に感じます。しかし、考えてみるとわかるように500mlの水を短時間で飲むのはちょっぴり大変です。

暑い時期で喉がカラカラな状態であれば、一気に飲み干してしまえそうです。しかし、コップ一杯の水の量が短時間で飲み干すにはちょうどいいのです。

アルミパウチで飲み口がなく完全に密封されているものでコップ一杯程度の容量(190~220ml程度)を選ぶのが一番効果的な水素の摂取方法といえるでしょう。

水素水は温めても大丈夫?!

水素水を温める
冷たい水を飲むのはお腹に負担がかかるからちょっぴり抵抗があるという方いらっしゃいます。
確かに、冷たい水を空腹時に飲むとお腹がびっくりして痛くなってしまう人も……。できるならば常温かちょっぴり温かくして飲みたいと考える人もいます。

水素水は、沸騰をさせてしまうと水素がどんどん抜けてしまいます。さらにいうなら、空気に触れさせた状態で沸騰させたりするとただの水になってしまいます。アルミパウチや専用ボトルかをあけずに、湯煎する方法で温めるのがいいでしょう。

水を飲む場合、白湯にして飲むと健康的といわれています。温かいものを飲むことによって血行が促進されたり体温の上昇や発汗効果など嬉しい効果も。

より美容や美肌、そしてダイエットに対して効果的な飲み方といえるのは水素水を湯せんで温めて飲むのが一番いいです。
自分の飲みやすい温度で水素水を飲んでくださいね。

2.スティックタイプはいつでも水素水を作り出すことができるアイテム

新鮮な水素水を飲みたい場合、その場で作り出すことができたら最高だと思いませんか?

それを可能にするのがスティックタイプの「水素水スティック」です。
ペットボトルに水を入れ、水素を発生させる水素水スティックを中に入れることによって、お手軽に水素水を作り出すという便利なアイテムです。1つあたりで3ヶ月程度は十分に水素を生み出すといわれており、長いものでも半年はもちます。

ただし使えば使うほど効果は薄くなっていくため、3,4ヶ月で新しいものに交換することをおすすめします。

3ヶ月程度で交換するといってもほぼタダに近い水道水を水素水に変えることができるのを考えると、1杯あたりのコストは数十円程度になるため、とってもコストパフォーマンスに優れているといえます。

水素水スティックを使った効果的な飲み方は?!

水素水スティックを使って作った水素水の効果的な飲み方はどういったものでしょうか?

まず、商品の選び方が大切です。商品によっては、発生する水素の量と作られる水の水素濃度にばらつきがあります。
出来る限り、濃度の高いものを選ぶといいでしょう。水素はペットボトルを通過してしまうため、水素水を作るボトルもこだわりたいところです。アルミボトルなど、水素が抜けにくいものにすることで解決ができそうです。

透明なボトルに水素水スティックを入れて、たくさんの気泡が発生するのを見るのは爽快な感じがしますが、発生していると同時に抜けてしまってはもったいないです。

ちょっとでも効率よく水素を得るためには水素水スティックをどういった形で使うかが重要と考えられます。
より効果的に水素を取り込めば、美容にもダイエットにも効果的なので使い方にこだわりたいですね。

公式メルマガ★水素の真実を読む

3.水素パウダーは持ち運び簡単なインスタントアイテム

パウダータイプ
水素水スティックと同じように持ち運びが簡単でその場で水素水を作ることができるアイテムが水素パウダーです。
粉末状のサプリメントもありますが、水に溶かして水素水を作り飲むタイプのものです。

水素スティックは何回も使うのに対し、水素パウダーは1本で1杯分の水素水を作れるアイテム。
一度に飲みきれる水に対して溶かして使うのでお手軽に水素を摂取できるのがいいところ。

パウダー状のものなので、お風呂の入浴剤や化粧水に入れてもいいため、活用方法に広がりをもたせられます。

スティック砂糖のように個別包装されているものからボトルなどに入れられているものまで様々です。

値段も1ヶ月~3ヶ月程度もつもので、3,000~30,000円まで幅広いです。パウダーの主成分や容量によって値段は変わってきます。1杯あたり50円~100円前後なので、比較的安く水素水を飲むことができます。

その場で飲みきれる量だけの水素水を作ることができるため、効果的な飲み方をしているといってもいいでしょう。

公式メルマガ★水素の真実を読む

4.サーバー導入で家での飲み水がすべて水素水に!

水素水サーバー
水素水をたくさん飲みたいという方にとって嬉しいアイテムが水素水サーバーです。
タンクに貯められた水をサーバーから出すと水素水となって出てくる優れもの。

購入するとなると、10~20万円程度の高額なものですが、レンタルサーバーで毎月数千円から数万円のものがあります。

通常のウォーターサーバーと水素水サーバーの違いは、使用する水が違います。
ウォーターサーバーは、天然水のタンクが毎月届きそれを設置するというもので、ウォーターサーバー代と天然水代が同時にかかってしまいます。水素水サーバーも天然水を活用するタイプのものもありますが、水道水を使用して作るものもあるので自分の好みに合わせて幅広く選べるのもいいところです。

1日あたりどれくらいの水素水を飲むかはわかりませんが、2リットル程度飲みたいと考えるならば、月々のレンタル料がほとんどかかるコスト(電気代や水道代は微々たるものなため)で、月々5,000円程度なら1リットルあたり80円程度とかなりお得に感じます。

たくさんの量を安価に飲みたいならば、導入しても悪くはないでしょう。

据置型と卓上型があって、据置型は比較的大きな場所を取るため、畳半畳くらいの設置スペースが必要です。それに比べて卓上型は、定期的に水を汲み上げる必要があります。

しかし、省スペースで手軽に活用できるため使い勝手のいいタイプともいえるでしょう。

いつでも水素水を飲めるようにすれば、気がついたら「前より美肌になっていた」ということや「気がついたら体重が落ちていた」などのダイエット効果も得られるかもしれませんね。

公式メルマガ★水素の真実を読む

5.浄水器や生成器で生活用水がすべて水素水に!

浄水器や生成器を設置
水素水サーバーは、基本的に飲用水として活用することができます。
水道の蛇口に取り付ける浄水器は、飲用水としてだけでなく野菜を洗ったり調理に活用できたり、普段の生活レベルまで落とし込んだ状態で活用することができるのが嬉しいところです。

普通の水道水で野菜を洗うより、水素水で野菜を洗った方が野菜が美味しくなったり、美味しいお米が食べられたり至れり尽くせりです。

食器を洗う時も浄化された水なので、皮膚に対しての負担も少なくなるでしょう。

浄水器や整水器は、普段から水素水が使えるようになるため、無意識のうちに水素を取り込める生活になっていきます。そのため、美肌効果やダイエットにもいいといえるでしょう。

便利になる反面ネックなのは導入費用です。
1台あたり10万~40万ほどするのと、1年に1回程度カートリッジの交換が必要になってきます。そのカートリッジの費用は約2万円です。水素水生活を始めるというならば、おすすめできるアイテムといえるでしょう。

毎日の習慣に取り入れることで、気がついたら美肌になっていたとか体重が落ちていたなどダイエット効果も得られるでしょう。
お金をかけた分だけの効果は得られるようにしたいですね。

まとめ

水素水を効果的に飲む
水素水の種類を中心に、効果的な飲み方・使い方を解説してきました。

水素水は「ボトリングされたタイプ」、「スティックタイプ」、「パウダータイプ」、「サーバータイプ」、「浄水器や生成器」の5種類に分かれます。消耗品と耐久品に分かれ、手軽に使えるものから1回あたりのコストを下げてくれるものまで多岐にわたります。

どの方法も水素を取り込めるには違いありません。水素の性質をしっかり抑えておけば全く問題なく、逃さず効果的に水素を得ることができるでしょう。

商品によっては水素濃度の違いもあるため、出来る限り水素濃度と値段の両立がなされたものを選びたいものです。
どのタイプの水素水にしても共通していえることは、水素水を生成したらすぐに飲みきってしまうことです。時間の経過とともに水素が抜けてしまうため、効果を得るためには短時間で飲み切るということを大切にしたいですね。

水素を使うのを習慣化すれば、体内に水素が充満しているような状態になります。
水素水を小まめに飲むような習慣を身につけ、素敵な水素ライフを獲得し、美肌やダイエット効果を得ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む