水素吸入のスポーツ利用でパフォーマンス増!マラソンでの事故も減るという噂も

水素吸入のスポーツ利用でパフォーマンス増!マラソンでの事故も減るという噂も

水素吸入は美容・健康だけでなく、スポーツや身体を動かすことが好きという人にとってもかなりプラスなことがわかってきています。最近では、運動前に水素吸入器を使い、野球やサッカー、マラソンなど試合終了まで、いつも以上に動けたり、パフォーマンスが上がったり、さらには、試合中や終了後の疲労感など、あまり感じなくなったという声もあります。

スポーツはやりたいんだけれど、次の日の疲労を考えるとちょっと……。

と考えている方でも、水素吸入を上手く活用することで悩みが解決するかもしれません。

今回は、野球やサッカー、マラソンなど。有酸素運動がメインとなるスポーツを好んで行っている方へ、水素吸入の耳寄り情報をお届けします。

【水素吸入】なぜスポーツ利用にいいの?!乳酸値も変わらずという研究も

水素と乳酸値の関係
水素吸入が、なぜスポーツ利用にいいのか。

ずばり吸入することで長時間にわたり動けるからです。水素の効果には、炎症を抑えることや悪玉活性酸素を減らす働きがあります。また、水素は乳酸値の上昇を抑えてくれるという研究結果もあり、ダイレクトに水素を吸入できる方法で、身体により多くの水素を取り込むことができるのです。

炎症を抑えることで、筋肉痛を緩和したり、乳酸の値が変わらずというならば、疲労を感じることもなはずです。

こちらは水素水に関してですが、早稲田大学のスポーツ利用に関する研究でも、発表されています。水素水以上に高濃度かつ大量の水素を取り込める水素吸入は、スポーツマンにとって嬉しい効果ばかりです。

乳酸が溜まらないということは、次の日も運動疲れを残さず、快適に過ごすことができますね。

何分くらい前から水素吸入を使うとよい?!

水素吸入は、吸い始めてから30分程度で全身に巡り始めると言われています。つまり、身体を動かす30分前に少なくとも吸い始めるとよいです。車で移動できる方ならば、水素吸入器を持ち込んで、移動中に水素カニューレなどを利用して体内に取り込んでいくと良いでしょう。

マラソン会場や野球場、サッカー場などの施設に持ち込んだ場合、試合前ならば精神統一を図る時に合わせて吸うのも◎。
ちょっと早起きをして、会場入りするのもいいですし、前日の夜から寝てる間に吸うというのもベターです。

試合が始まる前にできる限り長い間、水素吸入を行うとより効果的です。

公式メルマガ★水素の真実を読む

水素のスポーツ利用に関するエビデンスは?!

水素とスポーツに関するエビデンス
水素のスポーツに関する研究は筑波大学や早稲田大学が行っており、一昔前に水素水を利用した実験が行われました。水素水を利用するグループとそうでないグループでは、乳酸値に差が出ており、さらには筋肉の持久力がアップし、筋疲労によるパフォーマンスの低下に差があったということです。

また、自転車競技者の坂道ダッシュにおける運動負荷テストでは、水素を活用しない方に比べて、走行距離が伸びたようです。

運動に関する水素の研究は様々なところで行われていますし、中にはマラソンの事故を防止するような利用研究もされています。エビデンスに関しては、まとめ中ということもあり、今後詳しく調べて掲載していきます。

公式メルマガ★水素の真実を読む

筋疲労の低減!パフォーマンスの維持により記録アップ

水素の効果で筋疲労が低減するということは、パフォーマンスを維持することができるということです。疲れが溜まり動きが鈍くなり、最初のエネルギーを最後まで維持することは通常できませんが、トップコンディションが維持できるのであれば、記録も期待できます。

あるマラソンランナーが水素サプリを使用して大会に出たら、その時自己ベストを記録した話もあるので、水素のパワーは期待できそうです。

大会だけでなく、普段のトレーニングに取り入れても、筋力増加や記録の向上なども合わせて期待できそうですね

公式メルマガ★水素の真実を読む

持ち運び可能な水素吸入器はどれ?!

持ち運びやすい水素吸入器:ダブル水素ボトル
現在、様々な水素吸入器が世の中に出回っています。サロンなど店舗で使うような業務用のものから、家庭でいつでも水素吸入ができるように設計されている家庭用のもあります。

家庭用のアイテムといっても、大小様々で持ち運びやすいものから、そうでないものもあります。

おすすめなのは、ダブル水素ボトルという水素吸入器です。
車での移動をするにしても、ドリンクのソケットにすっぽり入るものだし、軽いので持ち運びもしやすいです。重さも、500mlのペットボトル程度なので、扱いやすいです。

ダブル水素ボトルは、まさにマラソンやサッカー、野球などスポーツ利用しやすい吸入器といえます。

ダブル水素ボトル│水素吸入は持ち運ぶ時代へ!ながら30分でフルチャージ

水素水や水素サプリではどうなの?!

水素を体内に取り込むことで、疲労蓄積を弱めたり、乳酸値の値を上げないというのはわかりました。では、水素吸入ではなく、水素水や水素サプリはどうなのか気になります。

水素水は、水素量がそれほど多くないため、体内に必要な水素量を取り込むには不向きです。さらには、溶存水素濃度が書かれている数値以下の商品もあるため、あまりおすすめしません。水分補給という観点で水素水を飲むのは、他のものに比べて悪くはありませんが、水素吸入器なら、出来たての水素量が飽和している水素水が飲めるため、十分でしょう。

水素サプリは、水素が発生し続ける設計をしているため、水素吸入器と同じような働きがあるといえます。水素吸入器と併用することで、更なる効果が期待できるのは事実です。しかし、スポーツ前に多少の水分を撮ることはやりますが、水素サプリとなると、必要以上の水が必要になってくるため、お腹が弱い方は不向きかもしれません。

水素サプリの粒数をより多くすると、水素発生量はさらに増えますが、水もその分必要になりますので、空腹の胃袋にはダメージもありえます。

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ……マラソンなど快適なスポーツライフをエンジョイために水素吸入

マラソンなど、激しい運動を行う際、水素吸入器を利用することが効果的ですね。パフォーマンスも上昇し、疲労蓄積や乳酸値の値の上昇も防ぐことができるため、スポーツ利用に最適です。最近では、先進医療Bとしても厚生労働省が認可したこともあり、注目はさらに浴びています。

医療分野だけでなく、シーンに応じで水素吸入を行うことで、快適な生活になることでしょう。水素吸入器自体は、高価なものが多いので、試してみる場合は、水素サロンで体験をしてから運動をすると良いでしょう。

マラソンでは、心肺停止などの事故も起こると言われています。それが水素吸入によって防ぐことが可能なら、安心を得るという観点で利用するのもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む