よく検索されています!→
  1. 水素サプリ
  2. 水素吸入
  3. 水素水
  4. 健康

痛風の痛みとおさらば!水素の活性酸素除去能力と炎症を抑える力が解放してくれる

日々の不摂生が祟ったのか痛風になってしまい、日々、痛みと戦っている方いらっしゃいます。普通の動作すらも辛くなる痛風の痛みが消え、普段通りの生活に戻ることができたらと、切に願うことでしょう。

一般的に痛風が起こる原因は、尿酸値の高さと言われており、血中尿酸濃度が上昇し、飽和濃度を超えると、尿酸塩になります。尿酸塩は100mlあたり、6.8mgしか溶けないため、それを超えると結晶化します。尿酸結晶は、針のように尖ったものもあり、神経を刺激すること、そして関節に溜まることで炎症を起こします。また、人体に備わっている防衛機能の白血球が反応し、攻撃することが痛みに繋がります。

この痛々しい痛風を予防するために、さらにはなってしまった時に一定の効果が期待できる水素サプリや水素吸入などを、生活に取り入れることで、結果的にいい方向に向かうこともあるのです。

ではなぜ、水素が効果的なのでしょうか。その理由に迫ります。

痛風の原因は関節の炎症!水素の効果のひとつに炎症を抑える力

痛風の激痛の原因は、炎症です。白血球が患部を攻撃することで細胞を傷つけてしまいます。細胞を傷つけることで炎症を起こしますが、対応策として、氷水などを使い、患部を冷やす行動を起こすと思います。患部を冷やすことでのメリットとして、炎症を抑えるだけでなく、感覚を麻痺させることも大事です。麻痺させることによって、痛みが緩和する可能性があるため、痛みも感じなくなります。

もちろん水素サプリを使うことで、患部を冷やす効果はありませんが、炎症を抑える効果があるため、期待できそうです。

痛風の痛みを抑える薬もいくつか開発されていますが、消炎鎮痛剤を活用します。

消炎鎮痛剤の注意事項!尿酸値を上げるものは厳禁

消炎鎮痛剤の中には、絶対に使わないほうが良い薬もあります。それは、尿酸値を上げる可能性のある薬です。特に、アスピリン系の消炎鎮痛剤は厳禁です。薬でいうと、ロキソニンやボルタレンなどは、アスピリンが入っていないお薬で、痛風が起こった時に使用できます。

しかし、バファリンには、アスピリン系の成分(アセチルサリチル酸)が使われているため、割けたほうが無難です。

尿酸値を下げることが大事。水素水や水素サプリで多量の水を摂取

単純に血中尿酸濃度を下げるならば、水分を多めにとって体内の尿酸値を下げる方法が考えられます。尿酸値を下げるためには、水分を摂ること。それも、一度に大量の水を摂取するのではなく、時間をわけてこまめに摂取すると良いのです。純粋な「水」を摂取し、1日あたり2リットル程度、飲むと良いですね。

水素水であれば、そのまま水分補給に繋がりますし、水素サプリは多くの水と共に飲むため、結果的に水分摂取になります。問題としては水素水の場合、保存状態やメーカーによって、水素が抜けてしまっているもの、そもそも十分な水素量が取り込めないため、炎症を抑える水素からの期待は薄いかもしれません。

気をつけて欲しいのは、短い時間に大量の水を飲むことで低ナトリウム血症になってしまうことです。水中毒とも言われるこの症状は、胃腸機能の低下や頭痛や嘔吐、疲労感といったものから、意識不明になり、死に至ることもあるのです。適度に飲むというのが大事ですので、水分補給の仕方もこだわってくださいね。

血流で痛みが出る。ならば……

痛風は、尿酸の値が高くなることで尿酸塩が結晶化し、関節に溜まることを起因して、白血球が攻撃してしまうことから、痛みが生じることは前述したとおりです。単純に炎症が出ているだけでなく、炎症が出ているところに刺激を与えるから、痛くなるのです。

つまり血流が流れることによって、痛みが走ります。血流の流れを弱くすることで、痛みが減るという声もあります。怪我をした時に心臓より高くするのと一緒で、横になって足を心臓より高い位置で固定すれば、血液の流れも弱くなります。

逆に、血流を促進するようなアルコールは、痛みも増すためやってはいけないことなのです。

やはり活性酸素の除去が!活性酸素が痛みを引き起こす

白血球が反応し、攻撃するというのを冒頭で書きました。
もう少し詳しく言うと、白血球の一種である好中球が、尿酸結晶を何とかしようと活性酸素を浴びせます。それが痛みに変わるのです。水素は、活性酸素を除去する力があるため、痛みの原因となる活性酸素を取り除くことが、痛みを抑える近道で、より多くの水素が摂取できる水素サプリや水素吸入などを活用できると考えられます。

とは言え、活性酸素が除去できている時はいいものの、それができなくなった時(水素が使われてしまった時)には、また好中球が攻撃する可能性が出てくるため、痛みが抑えられたからといって、そのままにしておくのではなく、根本的な対策をすると良いのです。

痛風の激痛が!!あまりにひどいようなら病院へ

当然のことながら「水素」は薬でもないため、効くでも治るものでもありません。炎症を抑える効果や痛みの原因となる活性酸素を除去するからといって、病気が治るかというと疑問です。痛風の痛みが改善せず、あまりに酷いようなら病院へ行きましょう。もちろん、痛風の症状が出ている時は、歩くのも大変なため、病院で行くのは辛いかと思います。

痛風の痛みは、深夜2時~3時に出るため、その痛みを和らぐことができれば、一時的に止まった後に、病院へ行くことができます。

しかし、痛風発作は一時的に痛みがなくなっているというのを知らずに、治ったと勘違いして、病院へ行かない人もいます。痛風は、生活習慣が原因になることが多いため、医療機関にかかってもすぐに治るわけではありません。だからといって、病院に行かずして我慢するのではなく、今の身体の状態を教えてもらうことで、今後の生活習慣の対策ができます。

現在の尿酸値や体内成分によって、必要な薬と推奨される食事や生活習慣等々聞くことができます。放置してしまうと、知らないまま悪化するということもありえるため、痛風についてしっかり知っておくと良いです。

まとめ

水素が痛風を抑える可能性についてまとめました。
水素には炎症を抑える効果と活性酸素を除去する力があります。痛風の痛みの原因は、尿酸濃度が高くなったことにより、尿酸塩が結晶化し、それが患部を刺激するからです。刺激するのは活性酸素で、これを取り除くことで痛みは和らぎます。

痛風を抑えるためには、普段の食事や仕事環境を変え、根本原因から変えていきたいところですね。水素は、現在の日本では薬ではないため、効くわけでもないし、治るわけでもありません。痛風の痛みを緩和したいなら、病院に見てもらって、治療の方針を決め、生活習慣から変える努力をするのが良いですね。とは言え、水素の効果を考えると、痛風に対しても期待できそうですね。

Sponsored Links

たった30秒で登録★公式メルマガを読む