【水素の驚くべき7つの効果まとめ】本当にこんな効能が?!

近年では、水素について研究が進み驚くべき効果があると解ってきています。

水素水や水素風呂など水素を生活に取り入れ始めたら、取り入れる前に比べたら疲れにくくなったことやお肌に関して嬉しい効果が現れてきたなど、実感できることが増えたという声も耳に入ります。

そんなにも効果があるならと水素を生活に取り入れたいと考える人が増えてきているのも事実です。しかし、健康に効果があるというイメージが先行してしまい、実際にどんな効果があるのかよく知られていないことも。

本記事では水素にまつわる効果を徹底的に解説します。
身体にどういった嬉しい作用が働くのか、どういった風に身体が変化して欲しいのかも踏まえて知識を身につけましょう。

1.長寿の秘訣?!水素習慣で年齢以上に若く見られる身体に

長寿の秘訣!若く見られる

水素を生活に取り入れた方とお会いすると多くの方が若々しくエネルギッシュな印象を受けます。いつも楽しそうに笑っていて、人生を楽しんでいるといった印象を受ける方が多いです。話を聞いてみると昔からそういった性格だったわけでなく、徐々に変わっていったようです。

実際にどういった作用が働いているのか水素のメカニズムを調べていくと驚くべき結果がわかりました。

ご飯を食べエネルギーに変える仕組みが老化の原因

生きていく上で必要不可欠な行動の一つの食べるというのがあります。
食べることでエネルギーを作り出し、消費することで生き続けることができます。

このご飯を食べエネルギーを生み出すといったメカニズムが老化の原因になってくるのです。もっというと、エネルギーを生み出すのは細胞内になるミトコンドリアで、食事から得る糖分と酸素を活用していきます。その過程でミトコンドリアからこぼれた電子が酸素と結びつき『活性酸素』となって、細胞を傷つけてしまうのです。

細胞内のミトコンドリアの量が少なければ少ないほど、オーバーワークになってしまい電子がこぼれやすくなり、結果的に活性酸素の量が増えてしまうのです。活性酸素は身体によって良い善玉活性酸素と細胞を傷つけてしまうような悪い作用を働かせる悪玉活性酸素があります。

活性酸素は増え続けると、より酸化力の高い悪玉活性酸素になり、身体に対して悪さをするようになります。どんどん傷ついて、徐々に老化現象が進行してしまったり、病気になってしまうことも。

ミトコンドリアの量を増やすことと悪玉活性酸素を除去することが若さの秘訣

老化を抑えるには大きく分けると二つのアプローチがあります。

一つ目は細胞内のミトコンドリアの量を増やすこと。二つ目は悪玉活性酸素を除去することです。もちろん水素は細胞内のミトコンドリアを増やす効果はありません。しかし、悪玉活性酸素に作用する力はあります。水素以外にも活性酸素に作用する物質は幾つかあります。例えば、レモンやグレープフルーツに多く含まれているビタミンC。ビタミンCは抗酸化力が強く活性酸素を除去する力があります。

しかし、ビタミンCをはじめとする抗酸化力が強い物質は、善玉活性酸素にも作用してしまう恐れがあり、人体にとって逆にデメリットに働いてしまうことも。しかし、水素は抗酸化力が低く、強い酸化力を持つ悪玉活性酸素としか反応しません。

つまり、水素以外の活性酸素除去能力がある物質は、善玉活性酸素にまで作用してしまう可能性があるけれど、水素は悪玉活性酸素のみ反応する力があるのです。人体に悪いものだけ作用する水素は、生活に取り入れることで健康を維持する可能性が高まります。水素の嬉しい効果の一つですね。

2.お肌の張りがぜんぜん違う驚くべき美容効果

美容

水素化粧品を始めとする水素の効果を取り入れた美容アイテムが多く広がっています。

例えば、お肌のしみやくすみなどは、酸化が原因で起こります。酸化の程度によって違ってきますが、強く酸化してしまうとしみやくすみが目立ってきます。細胞の酸化が原因ならば、水素の悪玉活性酸素を除去する力が結果、お肌が酸化することを防いでくれます。

実際に肌が綺麗になったと喜んでいる人はいるため、水素がお肌を綺麗にしてくれたと思っている人もいるでしょう。しっかりと効果のある水素が使われた化粧水や美容液、クリームなど使ってみたくなりますね。
ちゃんと水素が配合されている美容化粧品を使ってみたいですね。

女性はもちろん、男性も美容に気を使っている方も増えているので取り入れてみるのも。

紫外線を浴びることで増え続ける悪玉活性酸素

紫外線は、お肌に悪い影響を及ぼすと何となくでもイメージしている人がいると思います。ちなみに、適度な紫外線はビタミンDを作り免疫力を高めてくれるといった嬉しい効果もあります。しかし、お肌に対しての負担が掛かり過ぎるとしみの原因になってしまいます。

日焼け止めクリームを使って、紫外線から肌を守ります。紫外線を反射させることで守る設計になっています。この反射材は光と水とが反応し、悪玉活性酸素が反応してしまうというデメリットも。

お肌を守るために使っている日焼け止めクリームが場合によっては、悪影響を与えてしまうこともあるため、できることなら無くしたい。悪玉活性酸素を減らす効果のある水素をお供にすれば、紫外線も怖くないですね。

3.水素には炎症を抑える嬉しい効果も!痛みを和らげてくれる鎮静剤?!

炎症を抑える

炎症のメカニズムは、ウイルスなどによって細胞が傷ついてくるとそれが身体全体に広がらないために異常のある細胞付近を燃やして身体全体に広がらないようにするメカニズムがあります。

身体を守るために一部を犠牲にするといった機能が無意識に備わっていますが、この危険信号を出してくれるのは「炎症性サイトカイン」という物質。身体にとっては良い反応をしているとはいっても、自覚症状のない状態であれば、自分自身が苦しんでしまいます。

リウマチという症状もこの「炎症性サイトカイン」が原因を引き起こしているという考えもあります。

水素は、こういった炎症を抑えてくれる効果があると研究でわかってきています。
例えば、腰痛も腰回りの筋肉が炎症を起こしているという状態です。炎症を鎮静化させてくれる機能があるのであれば、水素によって解決できるかもしれませんね。

4.ダイエット効果も?!脂肪代謝を促す性質

ダイエット効果!脂肪燃焼

水素に関してダイエット効果があると聞いた人もいるかもしれません。
これは、水素が遺伝子にいい影響を与えると解明されたからです。遺伝子を調べていくと面白いことが分かってきて、生活環境によって特定の遺伝子のスイッチがオンになったり、オフになったりと。オンになれば効果が高まり、オフになれば効果は無くなる。

ちなみに水素には脂肪を燃やすたんぱく質を作るスイッチをオンにするといった効果があるということが分かってきたそうです。遺伝子レベルで人体に影響を及ぼすならば、それを効果的に使っていきたいですね。

もちろんお察しの通り、ダイエットは栄養のバランスやカロリーコントロールが鍵になります。水素をたくさん取り込んでいるからと暴飲暴食を繰り返していたら本末転倒なので気をつけてくださいね。

5.水素で疲れにくい身体に!いつまでも高パフォーマンスを維持

疲れにくい身体

悪玉活性酸素を減らす力のある水素は、若返りの効果があるだけでなく疲れにくい身体を作ってくれる嬉しい効果もあります。

毎日、仕事をこなしたり、プライベートを過ごしたりとストレスを感じる瞬間はたくさんあるでしょう。ハードなスケジュールをこなすことでその分疲れが溜まってきます。疲れは乳酸が体内に溜まることで疲れが感じるようになるのですが、水素には乳酸を溜めないことが研究でわかり、論文で発表されています。

激しいトレーニングや運動で身体に負荷をかけるトップアスリートたちの体内を調べたところ、水素を取り入れた方はそうでない方に比べ乳酸が溜まらず筋肉疲労も少ないと驚くべき結果が……。

普通に生活している人は、トップアスリートの様にハードワークをしているわけではありませんが、疲れてくると乳酸が溜まります。水素を体内に取り入れることで、乳酸が溜まらないのであれば、長時間動いていても疲れにくくなる身体になるということ。

水素を取り入れると長時間、活動できるというのであれば、多少コストが掛かったとしても費用対効果は抜群ですね。

6.【二日酔いの防止にも?!】たくさんお酒を飲んだあと、次の日快適に過ごすために

二日酔いの防止

お酒は好きですか?
ほろ酔いになり、陽気な気分も味わえるからストレス解消になることや血行も良くなるため適度であれば健康にもいいといわれています。しかし、個人差はありますがアルコールの分解能力が高ければ次の日二日酔いに悩まされることは少ないです。

しかし、許容量を超えてしまうと、頭痛やむかつきなど「仕事どころじゃない!」といった状態に。楽しかったけれど、後悔の念も生まれてくるでしょう。

そうならないためにも、お酒は控えたいと考える人もいます。しかし、水素の力を借りれば二日酔いも無くなり、ケロッとなっていることも。アルコール分解のメカニズムは、活性酸素から身を守るのと同じようなシステムといわれています。

自分の許容量を超えると活性酸素が除去されずに体内に残り続け、翌日頭痛やむかつきに悩まされてしまいます。そうならないように、水素の悪玉活性酸素を減らす力を使って、翌日も快適というわけです。

7.【細胞の活力化】細胞レベルの低下が原因で引き起こす病気の自然治癒力アップ

病気・疾病・体調不良

水素は活性酸素を減らす力があることは、学術的にもわかっています。
それを医療に応用するという動きも様々なところで臨床実験レベルで行われています。

先天性を除いた病気の数々は、病原菌やウィルスが引き起こしているものや過剰な活性酸素による細胞や臓器レベルの酸化ストレスによって引き起こされているといわれています。

水素を大量に与えることで、悪玉活性酸素が低減し、免疫力が向上することによって自然治癒していくと学術的に証明されています。人体に対して、最も有害な活性酸素のヒドロキシラジカルを選択肢して消去する力が水素にはあり、結果体内環境を整え、細胞の活力を高めることによって、自然治癒します。

ただし、この効果は水素濃度がある一定以上あることによって起こるといわれているため、それほど多く入っていない水素水を活用しても改善されないということも。

前述したように、普段の生活においてある程度の効果があったり、細胞が活力を取り戻すというのであれば、細胞の力が低下していることで引き起こされることは、改善する可能性があると考えられます。

水素を多く取り入れた時の気になる副作用は?!

水素にまつわる効果はたくさんあり、解ってきたけれどたくさん体内に取り込んで大丈夫なのか気になりませんか。食事など量を増やしたら身体には毒だし、栄養のバランスが偏っても身体は変調をきたします。

水素も同様にたくさんの量を取り込んでも大丈夫なの?と疑問が残ります。

結論からいうと水素を多く取り込んでも大丈夫です。

というのも、水素は拡散性があり体内にたくさん取り入れても反応する悪玉活性酸素がなければ、体内にとどまらず体外に出て行ってしまうということ。だから、どんなに取り入れてたとしても副作用はないといわれています。

小まめに水素を取り込むのが健康的にはいい!

水素は長時間、体内にとどまれないため、例えば朝に大量に取り込んだから大丈夫というのが通用しません。小まめに水素を体内に取り込んでいくといいでしょう。水素が含有しているアイテムを使って、定期的に体内に取り入れていくのが、どの効果を期待しても共通していえることです。

まとめ

水素の驚くべき効果をまとめました。知れば知るほど健康や美容に対して効果があるということがわかります。
水素はかなり多くの可能性を秘めた物質で、健康や美容、ダイエットのシーンだけでなく医療関係でも注目されています。

水素は、体内に発生する悪玉活性酸素を減らす力のある物質として知られています。悪玉活性酸素が体内に悪い作用をするのは知っていただけたことでしょう。それを改善することで、未然に病気を防ぎ、いつまでも健康的な身体でいられます。さらに実年齢以上の若く見られ周りからびっくりされることでしょう。

まだ、多くの可能性があるといわれている水素の効果を生活に取り入れ楽しい人生を送ってください。これから解明されていく水素の効果もあるので、分かり次第お届けしていきます。

>
たった30秒で登録★公式メルマガを読む