うつ病と水素には思わぬところに共通点があった?!2つの関連性とは

昔に比べ、うつ病に関しての情報が飛び交うようになってきたように感じます。それだけうつ病への関心が増えてきたということでもあり、裏を返せばうつ病になる人も増加傾向にあるともいえるでしょう。

そもそもうつ病の原因は複合的なものとも考えられ、更には本人の性格や気質といった生物学的要因も影響があるとの考え方もあるようです。誰しもが、いつ、うつ病にかかってもおかしくないという現状。だからこそ一人ひとりがその予防策を心得ていると安心ですよね。

水素とうつ病の直接の関係性はまだ明らかになっていませんが、水素がもたらす様々な影響とうつ病になる原因が多数考えられることから、無関係とも言い切れません。まだまだ水素は研究段階であり、今後も期待が高まりつつある中で、今回はそんな水素とうつ病について掘り下げていきます。

うつ病にかかりやすい人とは?

うつ病にかかりやすい人

では、なぜ人はうつ病になるのでしょうか。遺伝が大きく関わっているのでは、という見方もありますし、本人の性格と外的要因が合わさることから、という原因も考えられます。人から言われた言葉を真剣に受け取る人は、それだけ相手の言葉を真面目に捉えて考えすぎてしまうこともあるでしょう。

考えすぎた結果、自らマイナスな方へと考えが傾き、気がついたら自分からうつになるような考え方をしていたかもしれません。そんな自分自身の性格に加え、周りからも影響を受けてしまったらどうでしょう。

例えば、自分から少し離れたところで、なんとなくこちらを見ながらコソコソと話すような声と笑い声が聞こえてきたとします。
それが自分には全くの無関係で、決して自分のことを笑われているわけではなかったとしても、人の目や言葉を強く気にする性格の人だったらどうでしょうか。勘違いだったとしても、その人にとってはストレスになるでしょう。

ただこれも、すべての人が同じ状況でうつになるかといえばそうでもありません。前述の例に関しては、気にしない人は本当に気にしないからです。このように、うつ病を引き起こす原因は日常の様々なところに隠れており、また人によって発病のトリガーも変わってきます。
最近では新型うつ病とよばれる症状もあったりと、うつ病の種類自体もどんどん明らかになっている最中のようです。

うつ病にかかりやすい人の一例としては、真面目すぎたり周りに自分の意見を言えなかったり、自分を守ることに集中してしまう、といった人が挙げられるようですね。

本当に水素にはうつ病に対して全く効果が無いの?

水素はうつ病の効果なし?!
冒頭にもあるように、水素自体がまだ明らかになっていないことが多く、未知数のため判断できないことが多くあります。
それはうつ病も同じで、うつ病の原因が様々考えられる今、原因と解決策が無数に飛び交っているような状況です。

ただ、水素においては健康や美容に関しての論文が増えたり、実際に水素水を飲んでいる人たちの体感があることから、水素そのものの信頼度は上がってきていると感じます。

そして多数あるうつ病の原因を考えていくと、水素を用いて健康や美容について意識を高めることは、うつ状態を緩和する手助けになれるかもしれません。

たとえば、自分が言いたいことを言えないのが自信がないからだとして、それが見た目から来る自信のなさだったらどうでしょう。であれば見た目の改善が、うつ病回復の手がかりになると考えられるのではないでしょうか。見た目を変えるには、ファッションや女性であればお化粧も効果的だと思います。

肌そのものを綺麗にしていくのも、改善の1つですよね。お化粧と違い、自分の肌を綺麗にしていくということは一時的なものではなく、自分自身として積み重なっていくものです。ここが改善されていくと、それは自分の強みにもなっていくでしょう。

水素は悪玉の活性酸素を除去し、善玉の活性酸素は残してくれます。これらの働きが老化のスピードを遅め、より若々しくいるための大事な役割を担っているのです。体の内側から綺麗になっていくことは、男女関係なく「美しさ」や「清潔感」といった好印象にも繋がります。こうした関係性を考えると、水素とうつ病も無関係とは言い切れないのではないでしょうか。

水素とうつ病を結びつける要素はあるのか

水素とうつ病の因果

ひとつ、関わりとして可能性があるとすれば、メラトニンというホルモンです。うつ病の原因として有力な考え方に、ホルモン分泌量が減っていること、というものがあります。名称を挙げるならば、「セラトニン」と「ノルアドレナリン」の減少がうつ病に深く関係していると考えられているようです。

メラトニンというのは、セラトニンの夜の姿。セラトニンは精神安定剤のような働きをし、メラトニンは活性酸素の除去を行ってくれるホルモンとなります。水素と似たような働きをしてくれているのですね。セラトニンが減るということは、メラトニンも減っているということ。それはすなわち、活性酸素の好きなようにさせてしまっているのと同じなのです。

セラトニンの減少によって気分を安定させることが難しくなり、肌のサビの原因となる悪玉活性酸素が溢れて内も外も乱れてきます。ここでメラトニンの役割を担えるのが、水素の活性酸素除去の働きです。直接ホルモン分泌を促したりするものではありませんが、自分の体で足りなくなっている働きを補う救世主になります。活性酸素を除去する働きをするものは、水素の他にもビタミンなどがありますが、これらは悪玉だけでなく善玉の活性酸素まで除去してしまう恐れがあるため、強くはおすすめしません。

せっかく良くしていきたいなら、小さなことでもこだわって選ぶ方が良いと思います。それに、本当にちょっとしたことの改善から大きな回復へつながるケースも少なくありません。始まりがちょっとしたきっかけなのであれば、治ることだって少しのきっかけから始まることもあるのです。

まとめ

水素とうつ病の関係性
水素とうつ病の密な関係性に関しては、今後も研究を重ねていく必要がありそうですね。これからが期待されている水素だからこそ、今、回復方法に関して不明瞭なままのものには積極的に明らかにしていってほしいものです。うつ病の原因の1つとしてホルモン分泌量の減少を挙げましたが、ホルモンバランスが崩れる原因として、ストレスを溜めることも影響があると考えられます。

現代はとくに、「ストレス社会」という言葉もあるように日常においてストレスを感じることが多くあります。

朝の満員電車も、直接自分が何かされたわけではなくても、そこに漂っている空気がよどんでいたりするとそれが自分にも移り、なんでもないのに気分が悪くなったりする人もいるでしょう。ほかにもパワハラやモラハラといったものが会社にはびこっていたり、転職などの環境の変化についていけず周りとのコミュニケーションを疎かにしていたりする等、普段何気なく過ごしている「いつもの」事が、本人も知らないうちにストレスとして溜まってしまっている事もあるのです。

その「いつもの」を少し変えるだけでも道は開けていきます。その変化の中にはぜひ水素を取り入れ、体の内側から体感してみてください。その先にはきっと、もっと外に出たくなる自分が待っているはずです。

>
たった30秒で登録★公式メルマガを読む