【水素吸入器ランキング】発生方式で価格も安全性も差が!どれが一番おすすめ?

【水素吸入器ランキング】発生方式で価格も安全性も差が!どれが一番おすすめ?

水素吸入器も今ではかなり多くの製品が作られ、消費者としてはどれを選べば良いのでしょうか。

水素水より効率よく水素を体内に取り込むことができるため、愛用している人も多く、まだこれからの方も口コミや評価を見ていると使ってみたい!と思う人も多くいるでしょう。水素吸入器によっては、飽和した状態の水素水を飲むことができるのも魅力的です。

水素吸入を体験する場合、水素サロンなどお店に行き、リラックスした状態で吸わせてもらえるのも魅力で、1回あたり2000円~3000円というのを考えると、購入したほうが安いようにも感じてしまいます。一度や二度、水素サロンに足を運ばれて、予想以上の体験をし、効果を実感したならば、いつでも水素を吸うことができる状態にしたいというのもわかります。

水素吸入器はタイプ別で分類することができ、手軽に持ち運べ、どこでも簡単に吸うことができる「携帯型」。水素吸入でよく見る鼻から吸入するチューブ「カニューレ」を使わなくても良いタイプです。携帯型よりは大きく、持ち運びも可能なボトル型。以前も取り上げたことのあるダブル水素ボトルを中心に、水素カニューレを利用するものがほとんどです。据え置き型は、この中でも業務用に近いパワフルな水素吸入器で、他のものと比べ物にならないくらい大量の水素の恩恵に与れます。

今回は、タイプ別にどの水素吸入器を選べばよいのか解決するために、おすすめをランキング形式でお届けします。

水素吸入器のススメ!選ぶべきポイントは濃度ではなく水素量!?

水素は発生量?
水素吸入器の比較ランキングをお届けする前に、どんなポイントを見ていけば良いかとても大切ですね。よく見る「水素水○本分」というのは、どちらかと言うとあまり参考にならず、水素のことを知らない人を驚かせるための広告表現と考えておいたほうが無難です。というのも水素水の場合、パッケージや製造からの期間、保存状態によって、水素が抜けてしまうため、実際は、表記されている水素量以下なのです。

多くの方が認知している水素水の何万倍!と謳えば、知識のない人はそんなにもすごいもの?!と言うように感じてしまいます。広告効果が高いため、採用している会社がほとんどです。そもそも、水と気体を比べるのもおかしいと思いませんか?

水素吸入器は、その場で水素を発生させるため、電気分解であっても、十分な水素が発生します。では、電気分解のものであればすべて一緒なのか?といったら、そうでもないです。マシンによってのパワーが違います。よりパワフルなものの方が、短期間により多くの水素を発生させることができます。業務用水素吸入器は、最高峰とも言えるでしょう。

ちなみに、水素吸入器によっても水素濃度は変わります。高濃度水素といいつつも、鼻や口から吸う直前に、空気と混ざるため、実際のところは薄まります。カプセルのように密閉された空間ならば、理論上高濃度水素を作り出すことは可能です。

水素を発生させる方式についておさらい

水素発生方式のおさらい

水素吸入器の場合、水素を発生させる方法は3つあります。水素サプリや水素バスと同じように水素パウダーと水を反応させて、水素を発生させます。多くの場合、マグネシウム系の金属と反応させて発生する場合が多いでしょう。

小学校の理科の実験でも行った電気分解方式は、水を電気分解することで、水素と酸素の混合気体を発生させます。機械によっては、酸素やオゾンを処理する機能も備えられているので、気になる人はチェックすると良いポイントです。

水素吸入の中では、一番安全と言われている熱処理方式。水を加熱し気体にさせ、気体にさらに熱を加えることによって、水素分子と酸素分子を分ける方式です。

気になる値段ですが、安い方から並べると、「化学反応式」→「電気分解方式」→「熱処理方式」です。

熱処理方式は高価ですが、安全面を考えると一番良いと言われています。しかし、ただでさえ高い(10万円~20万円)のにさらに高くなってしまう(100万円を超える)と躊躇してしまいますね。また、電気分解は危険だという意見もありますが、まだ論争は終わっていません。

今回は、水素吸入器を持ち運びができると言われているボトル型、水素サロンで設置されるような据え置き型、手軽にどこでも水素を吸うことができるポータブル型の3ジャンルに分けて、ランキングをお届けします。

想像以上にパワフルかつお手軽なボトル型水素吸入器ランキングベスト3

水素吸入器ランキング

ボトル型は、水素吸入器によりますが想像以上にお手軽で、外出する際に持っていくこともできます。据え置き型のパワフルさは、より多くの水素を体内に取り入れるためにはとても良いのです。しかし、移動することが困難です。いつでもどこでも水素を吸入できるのはもちろん、できることなら、より水素発生量が多いボトルを選びたいですね。

持ち運びも可能なボトル型の水素吸入器ランキングベスト3をお届けします。

1位:ダブル水素ボトル

ダブル水素ボトル
ダブル水素ボトルは、据え置き型の水素吸入機を持ち運べるくらい小型化したものです。業務用の発生量と遜色ないくらいたくさん吸い込むことができます。使い勝手として、何よりミネラルウォーターや純水など、気軽に手に入るものを活用できるということです。多くの水素吸入器は、専用の電解液を活用するものが多く、使い続けるためには、ある程度のコストがかかってしまいます。それがないのがとっても嬉しいこと。

安全性の設計もされており、水を電気分解することによって発生する酸素やオゾンは、傾けることによって外に逃がすことができます。純粋な水素を吸いたい場合、イチオシです。

大きさは、500mlのペットボトルより小さく、車のボトルソケットに設置できるものです。そして、本体重量も205gと軽く、外出先でも使えるのが便利です。水素を発生させた後は、水も水素水となっているため、最後まで美味しいのです。

【ダブル水素ボトル】
価格:168,000(税別)
容量:300cc
使用する水:ミネラルウォーターもしくは純水
水素生成時間:3分30秒/30分
溶存水素濃度:1000~1300ppb
水素ガス発生量:10000ppm以上
使用温度範囲:0~40℃
満充電時生成回数:40回/4回
本体重量:205g
サイズ:60mm(直径)×197mm(高さ)
付属品:吸引チューブ
材質:ボトル:PCTG樹脂/コアユニット:ABS樹脂/キャップ:ABS樹脂
メーカー:日省エンジニアリング

もっと詳しく……>>

楽天市場で見る……>>

2位:Beautyfly(ビューティフライ)

Beautyfly(ビューティフライ)は、本体の金額は安いものの電解補助液を活用する必要があるため、ランニングコストがかかります。電解補助液が1ヶ月500円という金額のため、比較的安くはありますが、水素を吸うだけで終わってしまうため、水素サロンで行うような、吸い終わった後のたっぷり含んだ水素水を摂取することはできません。

公式データの中で、好印象と思ったのは、水素ガスの発生量です。30分で510ml発生し、業務用には劣ってしまいますが、しっかり発表しているのは嬉しいところです。水素は、濃度はもちろん発生量が大事で、呼吸とともに取り込める量が多ければ多いほど、細部にまで届けることができるのです。

【Beautyfly(ビューティフライ)】
価格:99,800円(税込) 電解補助液:500円(1ヶ月)
容量:200ml
使用する水:指定の電解補助液
水素生成時間:30分 ※30分以上は使用しないでください。
溶存水素濃度:─
水素ガス発生量:平均 毎分17ml(30分で、510ml)
※成人男性の平均呼吸量は毎分10リットル充電時間時生成回数:
使用温度範囲:5~35℃
消費電力:10W
定格電源:AC100V~240V 50/60Hz/車載用 DC12V
本体重量:360g
サイズ:W69×D69×H200mm
カラー:ホワイト/シルバー/レッド
付属品:吸引チューブ
メーカー:スリーイーサイエンス株式会社

公式サイトで見る……>>

アマゾンで見る……>>

3位:Body+(ボディプラス)

ボトル型の水素級入気の中では、一番安いのが「Body+(ボディプラス)」です。ダブル水素ボトルやBeautyfly(ビューティフライ)は、電気分解式で水素を発生させますが、化学反応で水素を発生させるアイテムです。電気分解に比べ、水素発生量は膨大ですが、疑問なのは、ピュアな水素以外の気体も発生してしまっている可能性があることです。

水素サプリや水素水においても、化学反応で発生させるアイテムは、安全性に疑問を持つ専門家も少なくありません。安いには理由もありますが、ちゃんとした情報を取って選択してください。

【Body+(ボディプラス)】
価格:5,700円(税込・送料無料)
容量:500ml
水素発生方式:化学反応
水素発生量:2400ml(トータルおおよそ40分)
付属品:水素発生パック15包、吸引チューブ、耐熱ボトル、シリコンキャップ、ネックストラップ
メーカー:株式会社フクプランニング

公式サイトで見る……>>

公式メルマガ★水素の真実を読む

じっくりお家で据え置き型!水素吸入器ランキングベスト3

水素サロンが導入するような水素吸入器に一番近いのが、据え置き型タイプです。据え置き型ともなると、水素を発生させる方法で差別化を図れます。しかし、問題なのは想像以上に高価なこと。いわゆる水素水サーバーなどと同等の金額は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

もし導入するならば、家を水素吸入サロンのように素敵な空間にして、リラックス状態で楽しむと良いでしょう。

1位:水素吸入器ラブリエリュクス

ラブリエリュクス
1分間に60ml、30分で1.8リットルもの水素が発生する「水素吸入器ラブリエリュクス」は、本格的な水素吸入が楽しめる機械です。本体価格27万円とかなり高価ですが、手に入る範囲であるため、健康のために購入する人もいらっしゃいます。

電気分解水素水もバブリング方式という、電解液から発生した気体を一度綺麗な水に通し、飽和させ、抜けていく水素を吸入するというものです。そうすることで、より安全なピュアな水素を吸入することができます。さらに、吸入後には1,6ppmの飽和した水素水も飲むことができるため、無駄がありません。

連続起動は60分と十分な量を取り込むことができるのも良い点ですね。

【水素吸入器ラブリエリュクス】
価格:270,000円
容量:600ml
水素発生方法:電気分解水素バブリング方式
水素濃度:1.0ppm
水素発生量:毎分60ml(30分で1,800ml)
消費電力:40W
使用温度範囲:5~35℃
連続起動時間:最大60分
サイズ:186mm(幅)×190mm(奥行)×408mm(高さ)
重量:2kg

公式サイトで見る……>>

2位:スイソニア

健康博覧会_スイソニアブース

電気分解方式ではなく、水を加熱し、蒸気になったものをさらに加熱して酸素と水素に分解させるという、設計上一番安全と考えられる水素発生方法です。電気分解を行う場合、オゾン(O3)が発生しているのではないかと言う方もいらっしゃいます。しかし、電気分解方式で、発生している気体を分析依頼すると、その結果、水素66.6%、酸素33.3%という結果も。もし、オゾンが出ているならば、記載があると推測されます。

水素吸入器における、オゾン論争は尽きませんが、安全性にこだわるならば、スイソニアをはじめ、過熱蒸気分解法の機械を選ぶと良いでしょう。これは、水素サロンへ行くときも同様です。

スイソニアは、商品スペックを見ると、サイズ、重量共に業務用です。価格も約200万円もするので、個人で購入する場合は、かなり裕福な方でしょう。体験したい方は、公式ホームページより申し込めますので、一度体験してみると良いでしょう。

【スイソニア】
価格:約200万円
水素発生方式:過熱蒸気分解法
消費電力:1kw
サイズ:300mm(幅)×310mm(奥行)×510mm(高さ)
重量:19kg
カラー:ホワイト/ブラック/スカイブルー
メーカー:アースエンジニアリング

公式サイトで見る……>>

3位:ルルドハイドロフィックス

すべて日本製の部品で作られている「ルルドハイドロフィックス」は、水素吸入だけでなく、飽和水素水も合わせて楽しめる水素吸入器です。発生する水素も99.5%と高濃度水素です。水素と酸素の混合気体ではなく、純水な水素を吸いたい人におすすめで、1時間で1.5リットルもの量を吸入できるのもすごいところ。

電解補助液を使うため、ランニングコストはかかってしまいます。ただ、水素濃度を見せてくれるメーターや表示盤がついているので、本当に出ているのか疑問に思っている方にとっては、とっても良いかもしれません。

【ルルドハイドロフィックス】
価格:160,704円(水素吸入セット込)
使用水素水:電解補助液+精製水
水素濃度:0.8~1.2ppm(生成した水素水)
水素発生量:毎分26ml(30分で780ml)
水素純度:99.5%
サイズ:246mm(幅)×147mm(奥行き)×289mm(高さ)
付属品:浄水フィルター、交換用カートリッジ、水素ガス吸入スターターセット(水素ガス吸入用カニューラ、蓋)

公式サイトで見る……>>

AMAZONで見る……>>

公式メルマガ★水素の真実を読む

携帯型(ポータブル型)水素吸入器ランキングベスト3

ランキングで、最初にボトル型水素吸入器でも、持ち運びができどこでも吸うことができますが、吸い始めるまでセッティングに時間がかかり、手軽さという面では劣る場合もあります。しかし、様々な形の水素吸入器が開発され、よりコンシューマー向けのアイテムが徐々に開発されています。

水素発生量は、業務用や据え置き型には敵いませんが、いつでもどこでも水素を取り込めるという点では優れたアイテムとも言えるでしょう。外出先で、休憩がてら水素を吸入するという時代も近いかもしれませんね。特に、KENCOS(ケンコス)シリーズは、年々進化しており、これまでの水素吸入の概念を変えてくれそうです。「手軽=水素量」が少ないわけではなく、小まめに吸うことで1日トータルの水素摂取量は上回る可能性があります。

1位:KENCOS(ケンコス)シリーズ

ポータブル水素吸入器KENCOS(ケンコス)

KENCOS(ケンコス)は、タバコではありません。いわゆるICOSをはじめ電子タバコの類でもありません。KENCOS(ケンコス)は、いつでもどこでも水素を吸入することができるアイテムで、水素だけでなく、アロマリキッドを気体化することで、フレーバーも楽しめる水素吸入器となっています。

タバコを吸っているような雰囲気を出してくれるのも一つの演出で、口から水蒸気を出すというギミックも盛り込まれています。もちろんタバコではありませんので、喫煙スペースだけという訳ではありませんが、周りから誤解を招く場合もありますので、水蒸気が発生しないパターンで使うと良いでしょう。

充電のmicroUSBを活用するため、ノマドワーカーをはじめ、どこでも仕事をできる人にとって次世代のアイテムとも言えるかもしれません。電解水や電解槽など、使い続けるためには交換が発生する部品もあります。人とは何か違うものを使ってみたいという人にとって、優れたアイテムかもしれませんね。

【KENCOS(ケンコス)】
価格:75,060円
混入液・原料:電解水(クエン酸ナトリウム)/アロマリキッド
水素発生量:最大毎分8ml(混合ガス最大毎分12ml)
気体:水素66.7%と酸素33%の混合気体
吸入時間:40分程度(水素のみ)/アロマ加熱併用時18分
使用温度範囲:5~35℃
水素ガス濃度:未公表
サイズ:22mm(幅)×50mm(長さ)×162mm(高さ)
重量:165g
外装材質:ガラス、アルミ、ABS、PC
充電端子:microUSB
充電時間:3時間
カラー:マットブラック/パールホワイト/メタリックシルバー
メーカー:株式会社アクアバンク

正規代理店で詳しく……>>

2位:Su(スー)

専用のフレーバーに水を反応させることで、水素を発生させ、吸入するアイテムです。化学反応式ということで、まだまだわからない点もありますが、共和医療機という医療機器メーカーが開発したアイテムですので、信頼性はありそうです。無味無臭の水素をどうにかして感じてもらうため、フレーバーと一緒に吸うというのは、リラックス効果も得られるため、これまでになかった水素吸入器です。

吸入時間が5分~10分という短さが疑問で、水素吸入機器メーカーが言うには、最低30分は吸うことで体感すると言っています。水素を吸うというより、フレーバーのリラクゼーション効果の方が高い設計かもしれませんね。

【Su(スー)】
価格:16,800円(税抜) ※4,950円(専用フレーバー)
パッケージサイズ:120mm×210mm(高さ)×55mm(奥行)
重量:36g
吸入時間:5~10分程度
水素発生量:飽和水素水(1.6ppm)程度
メーカー:協和医療機
フレーバー粉末原料:デキストリン/香料(乳成分を含む)、微粒二酸化ケイ素、クエン酸カリウム、炭酸カリウム、高級脂肪酸

公式サイトで見る……>>

3位:H2 air(エイチツー・エアー)

手のひらサイズのボトルにクエン酸液を入れることで水素を発生させる作りになっているH2 air(エイチツー・エアー)は、どこでも手軽に水素吸入をということで設計されたアイテムです。マグネシウム合金とクエン酸液が触れることによって、水素が発生する設計だと思います。水素の発生量は、カートリッジ入れた瞬間には、14000ppmもの水素が発生するとのことです。反応が落ち着いた後は、1000~300ppmという量で、手軽さの割には思った以上、発生していると考えられます。

ただ、5~10分程度の吸入時間というのは、身体に十分な水素量が巡らない可能性もあるため、こまめな使用が求められます。

【H2 air(エイチツー・エアー)】
価格:19,800円
容量:6ml
混入液・原料:クエン酸液
水素発生量:飽和水素水(1.6ppm)5本分程度
吸入時間:5~10分程度
水素ガス濃度:1000~300ppm
サイズ:150mm(高さ)×30mm(直径)
重量:35g
カートリッジ素材:ポリプロピレン、ろ紙、マグネシウム合金
メーカー:株式会社ビーエイチ

公式サイトで見る……>>

AMAZONで見る……>>

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ

どの水素吸入器を選ぶ?

水素吸入器のランキングをお届けしました。
単純に水素発生量で考えるならば、据え置き型が良いですが、すべての方が据え置き型を活用できるかといったらそうではありません。据え置き型はどうしても場所を取るし、値段も張ります。据え置き型に引けを取らない水素吸入器として、ボトル型がありますが、パワフルなのは、ダブル水素ボトルです。

その他、ボトル型以上に手軽な携帯型水素吸入器のランキングもお届けしました。こう比べてみると、水素を発生させる目的でも方法はいくらでもあり、大きく分けると3つで、電気分解方式、過熱蒸気分解式、化学反応式の3つです。一番安いのは、化学反応式ですが、純水な水素以外も発生する可能性があるため、安全性に関して疑問です。一番安全なのは、過熱蒸気分解法ですが、スイソニアも200万円くらいするなど、ありえないくらい高価な機器です。業務用と言ってもいいでしょう。

水素を得るためには、水素発生器のスペックで判断すると良いですが、発生量が多く、濃度も濃いほうが良いです。純粋な水素を吸いたいならば、酸素の処理をしっかりしているアイテムのほうが良いのです。自分のライフスタイルに合った水素吸入器を選ぶと良いでしょう。今回のランキングも参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

Comments

  1. サイト管理者殿

    こんにちは。吉田と申します。
    水素の事をネットで調べていたところ、下記のURLのサイトを見つけました。
    その後、LHGを色々と調べていましたところ、かなり高濃度で発生量も多くお医者様が使用されたりしているようなのでネットで見ていると優良な製品に見えますが水素マガジンのサイトでは見かけたことが無いような気がします。
    LHG製品はあまりよくないのでしょうか?何か良くない情報などがありましたら教えていただければと思います。宜しくお願いいたします。

    http://lhg.jp/hydrogen/
    https://salon528.com/lhg-japan/
    https://www.instagram.com/life.tenjin/
    https://www.elen-water.com/contents/archives/380

    • 水素マガジン編集部 水素マガジン編集部 says:

      吉田様
      水素マガジン編集部です。

      貴重な情報をありがとうございます。
      LHG社の水素吸引器において、当メディアではこれまでに取り上げたことはございません。

      公式が発表されているスペックは素晴らしいものかと思います。
      公表されております通り、医療機関等での導入事例もあるようですね。

      良い・悪いに関しましても、
      今後情報を集め、何かしらの形で発表させていただければと考えております。

      今しばらくお待ちいただければ幸いです。

  2. Mike Miwa says:

    水素の発生機はH2水素分子とH+(水素イオン)で大きく違います。正直言って科学的にH2は体に入ってもう一度電気分解されH+になって初めて効力があります。スイソニアはH+ですが量が異常に少なくあとの機械はほとんどがH2です。それと発生量が少ないです。LHGの水素発生器はH+とe-を発生し、量も67万PPMです。桁が違います.唯一第二種医療器具製造販売の許可をとっています。今型式認定を取っているところです。水素吸引機では製品の中で断トツの性能ですがなぜ出ていないのですか?

    • 水素マガジン編集部 水素マガジン編集部 says:

      コメントありがとうございます。
      水素マガジン編集部です。

      貴重な情報をありがとうございます。
      水素吸引器業界において、あまり知られていないプロダクトが多いのも実情です。

      個人向けにプロモーションを行っている一般企業と
      業務用として、ひっそりとプロモーションしているメーカーと
      情報の差は出てきます。

      LHGの水素発生器に関しまして、こちらの方で調査し、
      ランキングも見直していく予定です。

      また、水素吸引において、純度や濃度、発生量、
      いずれが良いと言うのは未解決問題でもあります。
      医療分野にまで進出となると、繊細な問題にもなってくるため
      難しいこともありますが、できる限りの情報を発信させていただければと思っております。

      ありがとうございました。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む