水素吸引の効果まとめ│水素を得る方法で一番効率的な理由

水素吸引の効果まとめ│水素を得る方法で一番効率的な理由

水素を体内に取り込む方法として、水素吸引という方法があります。

水素は、体内に取り込まれると悪玉活性酸素が除去され、より健康的な身体になり、美容や美白、ダイエット効果など様々な嬉しい効果があります。
さらには細胞や体内の劣化から引き起こすような病気などと戦えるような身体になり、結果的に回復したというような研究報告もあるので進んで体内に取り入れたい気体です。

詳しくは、水素の効果の記事を合わせてご覧ください。

もし、呼吸とともに水素を直接体内に取り込むことができたとしたら、お手軽でたくさん取り込むことができるので、体感もよりしやすいかもしれません。最近では、水素吸引サロンといったリラクゼーションサロンも誕生しているようです。

気になるのは水素吸引は効果があるのか。そして、効果はどれほどなのか、水素水や水素サプリと比べて新しく話題になったものなので、あまり知られていないことも……。

水素吸引という方法で得られるメリットや効果、なぜ効率的なのかをまとめてみました。

水素吸引は効率的で効果的な水素の摂取方法

水素吸引という方法は、他の水素を得られる方法の中で最もコストパフォーマンスに優れた水素の摂取方法といえます。
その理由としては、純粋に水素だけを短時間で必要以上の量を得られるからです。

水素を取り込む場合、水素水や水素サプリ、水素風呂など体内に取り込む方法はいくつもあります。
しかし十分な量の水素を得られないことや水素以外の成分も同時に得てしまいます。水素の量だけを増やしたいという時に、水素吸引は最も効果的な方法といえます。

水素を得る方法のメリット・デメリット

水素を体内に取り込む場合、水素水や水素サプリ、水素吸引、水素風呂など大きく分けると4つの方法があります。
どれにも一長一短があり、得られる水素の量も変わります。どの方法が一番効果的といえるのでしょうか。

その性質を知ることによって、自分にあった水素の摂取方法を選ぶといいです。

1.飲用水の置き換えで水素を取り込む「水素水」

水素水の効果
水素水は、普段飲んでいる水の代わりに水素水を飲むということで得られる水素摂取方法です。
水分をとるということは、人間にとって必要不可欠な行動なため、それに水素を組み込んでしまうという方法です。

水素があらかじめ充填されているものやその場で水素水を作り飲んでしまうもの(水素スティックなど)、水素水サーバーなど気軽に飲めるものなど多数あります。どの方法においても共通していえることです、性質上の問題点があり、それは一日の間に飲める水の量に限りがあるということです。

平均どれくらいの水分を摂取しますか?
美容に気を使っている人でも一日多くても2~3リットル。多く飲んでいる人でも4リットルまではいかないと思います。

つまり水素水で水素を得ようとしても限界があり、長期間にわたり習慣化すれば効果はあるといえるでしょう。

2.ミネラルなども同時に得られる「水素サプリ」

水素サプリでの水素摂取
水素サプリも比較的効果的な水素の摂取方法です。

水素サプリや水素カプセルなどの健康食品から水素を得ようとする方法が考えられます。
様々な会社がこぞって商品開発をし、たくさんの水素系サプリメントが誕生しています。

水素サプリは、水に溶けると水素を発生する性質のもの。つまり体内にタブレットやカプセルを取り入れることで、体内に水素の発生装置を一時的に得るといったところです。

水素水以上に得られる水素は多く水素の摂取目的を考えれば効果的といえます。しかし得られる水素の量はサプリメントの主成分によって変わり、自分の目的とあったものを選ぶのがいいでしょう。必要以上の水素を得ようとするには、規定量以上のサプリメントを使う必要が出てきます。

サプリメントは薬ではないので、副作用みたいなことはないです。しかし、ミネラルなど水素以外の成分も同時に摂取してしまうので気にする方がいるのも事実です。

3.一日の疲れをお風呂と水素で「水素風呂」

水素風呂での水素摂取
水素の効果を体感する方法の一つに水素風呂という方法があります。

水素を発生させる装置や酸化カルシウムを原材料にしたもの。水素化マグネシウムを原材料にしたもの。そして、炭酸マグネシウムを原材料にしたもの。大きく4つに分けられます。

これら入浴剤や水素を発生する装置を利用して水素風呂を作り、それに浸かることによって身体全体に水素を行きわたらせるという方法です。水素は小さいため、皮膚も通します。おおよそ7分程度入浴すると身体中に水素が行きわたるのでゆっくりとリラックスした状態で入浴するといいです。

あまりに熱い温度にするとのぼせてしまうし、長時間の入浴が身体にとってツラいと感じる人もいるでしょう。
入浴がツラいと思う方はムリしないで別の方法で水素を取り込んでください。

4.水素だけを他の方法より効果的に得られる「水素吸引器」

水素を気体のまま吸引する方法は、最も効率よく効果的な方法です。

水素吸引器は、水を電気分解や熱処理を行い、得られるブラウンガス(酸素33%と水素66%の混合気体)を鼻や口から吸入することで直接、水素を取り込むという方法で、実際には肺から水素を吸収することになります。

最近では、水素の「吸引サロン」や「水素バー」が所々に誕生しています。60分~120分程度ゆったりとした時間を過ごしながら水素吸引ができます。

美容院に行くような感覚で水素の吸引サロンに足を運んでみてもいいでしょう。

サロン以外では、個人用に家庭で活用できる商品があり、それを購入することでほぼ毎日のように水素吸引できるようになります。

水素吸引のメリットはなんといってもながら作業ができることです。そのため水素吸引サロンだけでなく、美容室やエステサロンなどにも導入されているお店もあるようです。

水素吸引で得られる水素の量は水素水の180倍?!

水素吸引の効果に驚く
水素吸引は、最も効率よく水素を摂取できる方法です。量が多いので効果を体感するのも早いです。
水素水で得られる量よりかなり多い量の水素を摂取することができます。

水素水(500ml)で得られる水素の量は、水素水の濃度1.6ppmの場合、1リットルを飲んで得られる量は、1.6mgです。その半分を得られたとしても、0.8mg程度しか摂取することができません。水素水の場合、時間とともに水素が抜けてしまうため、最大値を得ることは難しいといわれています。

水素吸引の場合、水素発生装置によって水素の発生する量は変わってきますが、1分あたり3~4.5リットル分の水素を発生させます。
60分間で約180リットル分の水素を得ることができます。一日に飲む高濃度水素水は1リットル程度だとしましょう。単純に180倍近くの水素を手軽に得られるようになるのです。そのため、水素吸引は効果的に水素を取り込むことができるといわれているのです。

もちろん、発生した水素のすべてが体内に取り込まれるわけではありませんが、水素水を飲むより、はるかに効率的・効果的に水素を取り込むことができるのです。

公式メルマガ★水素の真実を読む

【水素吸引器のしくみ】どうやって水素を発生させているの?

水素吸引器を探してみるといくつか見かけることになります。
どんな違いがあるのか気になりませんか?

水素吸引器の水素と酸素の混合気体を発生させる方法は大きく分けると2つあります。

  • 水を電気分解し、水素と酸素の混合気体を発生させるもの
  • 水に対し熱処理を施し気体にして、冷却することで吸引を可能にするもの

どちらも専用の装置を使用して、水素を効率よく体内に取り込めるというものです。
では、電気分解と熱処理とどういった違いがあるのでしょうか。

比較的安価な装置が多い電気分解方式

水素吸引の方法として精製水を電気分解して、水素と酸素の気体にし、それをチューブから吸引することで水素を体内に取り込むことができます。性質上、電気分解はオゾン(O3)が発生してしまいます。もちろん水素吸引器の方で、規定値以下になるように処理しているため安全なものが多いです。

安心な気体を生成する熱処理方式

熱処理方式で行う水素吸引器は、水を高温にすることで気体に変わります。水を沸騰させると水蒸気に変わるのと同じですね。
実は精製水をさらに高温で処理すると、水素と酸素に分離します。おおよそ、650℃程度の温度で処理します。超高温の気体を冷却した水素と酸素の混合気体をチューブから吸引することで、水素を体内に取り込むことができるのです。

熱処理のメリットは、電気分解で発生するオゾンが全くないことです。そのため、より安全に水素吸引をすることができるといわれています。

また、高温の気体が発生するため周囲に可燃物など置かないようにするなど、取り扱いにおいては繊細になる必要があります。

水素の爆発の危険性は?安全なの?!

水素という気体は、引火すると一気に燃え広がって爆発してしまうというイメージを持っている人がほとんどでしょう。

水素の性質を調べていくと、空気中に4%以上、75%未満の濃度になった時に燃える気体になってしまいます。水素は拡散性が高く、開放的な空間では4%を超えることもまずないため、引火することはありません。

発生する水素の気体も直接鼻腔から吸うことになるので安全に吸引することができます。

公式メルマガ★水素の真実を読む

まとめ

水素吸引の効果
水素吸引の効果についてまとめました。
水素を体内に取り込む方法は、水素水を飲むこと。水素サプリを使うこと、水素風呂に浸かること。そして、水素吸引を行うことです。どの方法も水素を体内に取り込むことはできますが、量に差が出たり、水素以外のものも一緒に得てしまったりなど、一長一短です。

中でも水素吸引の方法は、他の方法より水素のみを効果的に摂取することができます。高濃度水素水を毎日飲むという水素摂取に比べて、はるかに多い水素を得ることができるのです。水素吸引器にもよりますが、多いもので1時間あたり180リットルもの水素水を飲んだのと同じ効果が得られるのです。

最近では、水素吸引に特化したリラクゼーションサロンや家庭用水素吸引器など増え続け、水素を取り込む新しい方法として認知され始めています。

短時間で多くの水素を得られる水素吸引は最も効果のある方法といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水素マガジン編集部 About 水素マガジン編集部

水素にまつわる効果・効能や正しい情報を発信していきます。水素は様々な情報があり、本当か嘘か一見わからないことも多いです。真実を伝えていくことによって、ユーザーにとってプラスになると確信しています。

Comments

  1. 田辺 好博 says:

    はじめまして 自作で水の電気分解器を作り水素ガスの吸入を始めました。素人ゆえどのくらいの水素ガスを吸入できているのかわかりませんが、今日は頭痛に悩まされています。本ホームページを拝見したところ発生した水素ガスと酸素を両方とも吸入すると書かれてありました。そのほうが体にはよいのでしょうか。私は古希を過ぎた年金暮らしでパーキンソン病を患っていて、何とか経費をかけずに病状を軽くしたいと思い、このようなことを試みました。参考になることをお教えいただければ幸いです。      拝

    • 水素マガジン編集部 水素マガジン編集部 says:

      田辺様
      はじめまして。いつもご愛読いただきありがとうございます。

      一番最初に私が体験した水素吸入器「ハイドロブレス」の記事において、「水素と酸素の両方を吸入」というような記述があります。
      体験をさせていただいた吸入サロンに問い合わせたところ、実は「【水素】と【酸素】は同時に吸わない方が良い」というご回答をいただきました。

      理由としては、水を電気分解することによって水素と酸素に分かれますが、酸素はオゾン(O3)に変化する可能性があるそうです。
      オゾンを吸いすぎると、オゾン中毒になってしまう可能性があるため、あまりおすすめできないそうです。
      発生した酸素(オゾン)を逃して上げる必要があり、選ぶ場合は、オゾン処理をしている水素吸入器の方がベターということになります。

      また、水素濃度が4%を超えてくると、引火した時に爆発する危険性もあります。
      火の気が近くになかったとしても、静電気によって、引火する可能性も否めません。
      理科の実験で習ったような、電気分解により似たようなことはできると考えられますが、
      安全性の観点から自作するのはおすすめできません。

      なお、以前記事にしました「ダブル水素ボトル」は、オゾン処理もしっかりされているので、安心してお使いできます。

      薬器法の観点から、特定の病名に関して効果があるとは断定できませんが、
      パーキンソン病と水素に関して、研究されている方や論文がありましたらご連絡いたします。

      体験協力をさせていただいたサロンでしたら、購入前提に限り、レンタル貸出をしているそうです。
      もし、ご入用でしたら紹介いたします。

      ご病気自体大変なものかと思いますが、改善されることを願っております。

  2. マツダシンゴ says:

    こんにちは。初めまして。体験協力されてました、購入前提でレンタルしてくれているサロンをご紹介下さいませんか?
    よろしくお願いいたします。

    • 水素マガジン編集部 水素マガジン編集部 says:

      マツダシンゴさま
      はじめまして、水素マガジン編集部です。

      体験させていただいたお店は、以下のお店です
      ======
      水素サロン「水素サロン リスタプレミカ世田谷代沢店」
      担当:近藤様
      tomkondo.rec@gmail.com
      ======
      メールには、水素マガジン編集部の紹介という形であれば、
      購入前提のレンタルが可能だそうです。

      お手間かと思いますが、メールを送ってください。
      よろしくお願いいたします。

  3. マツダシンゴ says:

    こんにちは。ご紹介の業者様では、熱処理タイプの水素吸引のレンタルの取り扱いがないみたいです。熱処理タイプが欲しいのですが、どうすればよろしいでしょうか?

    • 水素マガジン編集部 水素マガジン編集部 says:

      マツダシンゴ様
      ご返信ありがとうございます。
      熱処理タイプの水素吸引機を取り扱っているメーカー様に問合せてみます。

      今しばらくお待ちください。

  4. マツダシンゴ says:

    こんばんは。熱処理タイプの水素吸引のおすすめは発見れましたか?とても心待ちにしてます。

お気軽にコメントをお寄せください

*

たった30秒で登録★公式メルマガを読む