ツルレンゲと水素で目を守るサプリ!Tie2(タイツー)活性化で緑内障や白内障の予防

みなさん、自分の目をどれくらい大切に扱っていますか?私自身、ライターという仕事柄、毎日のようにパソコンに張り付いて仕事をしているため、目にとってかなりの重労働を余儀なくされます。そうじゃないにしても携帯電話やスマートフォン、テレビなど、目を疲れさせるアイテムがそこら中にあり、平成の30年間で目を酷使するようになったといえます。

パソコンやテレビ、スマートフォンから電磁波を浴びるようになっただけでなく、紫外線も強くなり、目にまつわる病気や悩みが増えていったとも言えるでしょう。

目を使う頻度は高くなったとはいえ、目を休ませる行動や目のマッサージをするなど、アイケアは行うようになりましたか?蒸しタオルやアイピローを目に当てて眼精疲労の回復を習慣としている方は、少数派かもしれません。目を開けるのも嫌だって思うくらい酷使させた時や偏頭痛など、別の症状が出た時にはじめて、目元のケアを始めるのかもしれません。

アイケアは実際にやってみると気持ちよくて、癖になるんですが、ちょっと手間に感じてしまいますね。もっと気軽にケアできるアイテムとして、ツルレンゲと水素(サンゴカルシウム)を採用した新しい水素サプリメントができあがりました。

その名も、水素サプリメント「目のガード 視産」。

目と耳の専門家、日本リバース院長の今野清志先生が製作したサプリメントです。普段から、目を酷使させている方にとって、とっても嬉しいアイテムでしょう。本記事では、水素サプリメント「目のガード 視産」について、詳しく解説していきます。

水素サプリメント「目のガード 視産」とは?原材料や栄養成分からわかること

水素サプリ「目のガード 視産」の原材料

まず、水素サプリメント「目のガード 視産」の原材料や栄養表示成分を見ていきましょう。

【水素サプリメント「目のガード 視産」】
▼名称
カルシウム含有商品

▼原材料
ツルレンゲ抽出物(ツルレンゲエキス、食物繊維)/サンゴカルシウム、HPMC、V.C、ナイアシン、V.E、パントテン酸Ca、V.B1,V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

▼内容量
34.2g[1粒重量380mg(1粒内容量320mg)×90粒]

▼栄養表示成分(3粒あたり)
熱量……2.51kcal
タンパク質……0.06g
脂質……0.01g
炭水化物……0.55g
食塩相当量……0.006mg
カルシウム……159.6mg

https://suiso-magazine.com/wp/wp-content/uploads/2019/05/shisan.pdf

注目すべきは、ツルレンゲ抽出物とサンゴカルシウムの比率です。開発に関わった方の話によると、ツルレンゲ抽出物は、表記ルールに則って先頭に来ているそうですが、配合量もかなり多いとのことです。主成分となるのが、ツルレンゲエキスとサンゴカルシウムで、現代人が補っておきたいビタミン類もバランス良く配合されていますね。

抗酸化作用のあるビタミンA、C、E(まとめて「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれます)も、目に優しいビタミンですし、眼精疲労には、ビタミンB群がおすすめです。B1、B2、B6、B12がそれらにあたりますが、網羅されていますね。

ナイアシンは、血行を促進させるため、目の毛細血管も広がり、血流のサポート目的でしょう。葉酸も目の疲労を改善するという報告もあります。

原材料だけを見ても、目においてかなりプラスな効果があると推測できます。また、無駄なものが一切入っていないという処方も注目すべきところでしょう。

また栄養成分を見て、各種ビタミン量は明かされておりませんが、目を引くのはカルシウムの量です。サンゴカルシウムが使用されているため当然といえば当然ですが、1粒あたり53.2mgがカルシウムです。計算すると全体の約17%が使われており、ツルレンゲや各種ビタミンの分量も考慮すると、かなり無理して作っていると考えられます。

なお、中のパウダーを取り出してみると、粉末は薄い茶色です。サンゴカルシウムのパウダーは白色なので、かなりの分量を入れていると考えられますね。

視産のカプセル中身の粉末

健康的な目を維持するためには血管の維持が重要!ツルレンゲがサポート

「目のガード 視産」の主成分であるツルレンゲ抽出物について、もっと理解していきましょう。サプリメントのコンセプトは「一生使い続ける目はかけがえのない自分自身の財産つまり視産」です。「ツルレンゲ×水素」が目のガードに繋がるのは推測できます。

ツルレンゲ自体、まだ認知度は低く、知らない人も多いでしょう。私もそのひとりで、今回、「目のガード 視産」が作られる過程で知りました。

ツルレンゲは、私たちに馴染み深いレンゲソウの一種で、漢方薬としての利用が多く、煎じて飲むことで、めくらみを治すと言われています。ツルレンゲ抽出物を摂取することで、眼の負担軽減、視神経系の機能向上などが期待されています。

さらに、感覚的な心身疲労度の改善も期待できるため、現代人にぴったりな成分と言えるかもしれません。

ツルレンゲの魅力はそれだけではありません。Tie2(タイツー)活性化の役割で注目されています。Tie2(タイツー)は、血管の内壁に存在する分子で、活性化させることで毛細血管の修復を促します。つまり、加齢や紫外線、生活習慣の影響で、弱ってしまった毛細血管を強くする作用が期待できるのです。血管は、酸素や栄養を運ぶ器官であるため、血管の健康維持が機能維持にも繋がっていくと言えるでしょう。

「目のガード 視産」の水素の役割は?!発生した活性酸素の除去

目の疲れ

「目のガード 視産」のコンセプトは、水素とツルレンゲで「見る財産を守る」です。ツルレンゲの目的は、毛細血管のTie2(タイツー)分子を強くし、より多くの酸素が取り込まれる状態を作ることです。

目の健康を維持するために、酸素が必要ですが、取り込んだ酸素の一定数は、活性酸素になって、人体を傷つけます。つまり、水素で活性酸素を除去し、眼に優しい環境を創り出すのが目的です。サンゴカルシウムが水分と触れて発生した水素分子は、細かいため、身体全体に拡散します。眼だけでなく、全体的な活性酸素を除去してくれるのが嬉しいところですね。

幅広い年齢層に広がる目の現代病!緑内障や白内障は高い確率で罹患

これだけ目を酷使していると、眼精疲労だけでなく、問題も生じてきます。2003年のデータとちょっと古いですが、40歳以上の20人に1人が緑内障と診断されています。さらに、白内障においては50歳代の約60%、60歳代の約80%が罹患していると言われています。

白内障や緑内障の原因は、細かくはわかっていませんが、目の疲労や老化が一つの原因とされています。目の健康状態を良くし、普段からケアしてあげることで、予防に繋がる可能性は高まります。

目の栄養や酸素が不足し、毛細血管が衰えてしまっている可能性も否めないでしょう。「目のガード 視産」を使い続けることで、目の健康を維持し続けましょう。さらに効果を高める場合、目元のマッサージなどを併用すると良いでしょう。

水素サプリ「目のガード 視産」はどこで購入できる?楽天やアマゾンは?

さて、気になるのは水素サプリ「目のガード 視産」はどこで購入できるのでしょうか。販売者である、株式会社 六方社のオンラインショップ「視力回復 難聴改善ショップ」にて見つけられました。

こちらは、定期購入9,800円(税抜)の金額でお求めできます。なお通常価格は16,000円(税抜)ということなので、使い続ける前提で注文すると良いでしょう。なお定期購入は、いつでも解約できるため、もし続けられないと思ったら、電話やメールで解約の手続きを行ってください。

アマゾンでは見つけられませんでしたが、楽天ではありました。定期購入ではないものの3つセットで、1つあたり定期購入と同じ値段です。「目のガード 視産」が気になる方、ほかふたりに声をかけて、お試しするのがお得に感じます。

まとめ

「目のガード 視産」は、現代人において必要な成分がたくさん摂取できます。目の毛細血管を強くするためのツルレンゲエキスが採用され、より多くの酸素が取り込めるようになる設計です。そうすると活性酸素も増えてしまうため、水素の出番です。

安全かつ長い時間、水素が発生するサンゴカルシウムが採用されているため、目だけでなく身体全体の活性酸素が除去されそうです。

いつまでも健康的な目を維持するためにも、あらためて考えたい事柄ですね。

>
たった30秒で登録★公式メルマガを読む