【サプリメントの裏側】水素サプリ選びの参考に。効果的なものを発見する秘訣

水素サプリを選ぶ上で、どのメーカーのものを選んでいいのか。消費者サイドからしたらわからないことはたくさんあります。原材料を見ても一見、同じようなものとしか思えません。水素サプリの原材料メーカーはそれほど多くなく、実はあの商品に使われていたものが、別の商品にも使われていたなど普通にあります。

水素サプリだけでなく、他のサプリメントや食品でも同様なので、その点に関しては問題ないと思います。同じ原料でも処方が違えば、できあがるものも違うわけなので。大事なのはメーカーサイドのスタンスです。さらに言うなら、メーカーだけでなく生産工場までも考えなくてはいけませんが、それは流石に伝わってこないことが多いため、メーカーのスタンスが大事になるのです。

サプリメントの裏側と称して、水素サプリを考察していきます。

水素サプリは大丈夫?!田村忠司氏が話すサプリメントの裏側から考える

医療用サプリメントを作成するメーカーの社長が仰っていたことですが、サプリメントの原材料は問題なくとも凝固剤や安定剤などによって、身体に害を及ぼしている可能性があるという話を聞いたことが発端になります。栄養を摂るはずのサプリメントが、栄養とともに身体に害になる成分までも摂ってしまい、アレルギー反応を起こしてしまうというお話がありました。

これは現役サプリメントメーカーの社長「田村忠司」氏が話されていた内容です。

確かに、現在は(一社)日本水素推進機構さまや国債水素規格協会さまと一緒に仕事をさせて頂くことが多いのですが、水素サプリメントの開発を横で聞いているとエビデンスにこだわった品質の高いサプリメントを作ろうと努力をされているのが伝わってきます。これが当たり前かと思ったら、全てがそうではなく、単純に売れさえすればいいと考える会社やどうやったら安く多くの方に届くのか。消費者に寄りそった考えのもと開発に取り組んでいないところもあるのです。

もちろんしっかりと作っている会社もあるため、その会社の理念やスタンスを考えていく方が大事のように感じます。

さらに、田村忠司氏が伝えていた内容は、設計段階でちゃんとできていても、工場でしっかりと生産されるかがわからないということもあるのです。メーカーの指示通りに生産しているのかと思ったら、そうじゃないところもあると話されていたことを考えるとメーカーがどれほど厳しく生産工場に対してチェックしているか。その仕事のスタンスが大事になっていくのです。

ここまで来ると消費者は知る由もなく、どうすることもできません。どの情報を信じれば良いのか。
言っていることではなく、やっていることにフォーカスを充てると良いでしょう。私どもメディアのスタンスであれば、ありふれた情報の中、信頼できる情報を得るのはもちろんのこと、得てきた情報をしっかり精査し、深く掘り下げるということも大事なのです。

水素サプリでは、幾つかの商品のデータを取ると、どうしても混ぜ物をしているものの方が水素の発生量は少なくなります。その前提がある中、少しでも良いものを作ろうと改良に改良を重ねて開発するか、単純に広告の見せ方だけですり抜けようとするのか。見ていくポイントはたくさんあります。

水素サプリの広告│薬事的な表現だけでなくデータの中身は?!

水素サプリの広告
水素サプリの広告を見ていると、いかに良いところの情報のみをうまく伝えていくかに注力しているように感じられます。もちろん、薬事法や薬機法は守るのは当たり前ですが、具体的な数字やデータの裏付けはどうなのだろうか。第三者機関に商品の検査をお願いしているのだろうか?

多くの水素サプリのデータは、原材料で測定したデータが多く、理論値に近いものです。多くの数字はビーカーベースです。体内に入ってどのように作用するかわかりません。実際に使ってもらってのアンケートなどは、地道に積み重ねていく必要があり多くの意見が自分でも起こり得ることなのかと期待し、その結果を得るために使ってみるということ。

特に水素サプリは、通常のサプリメントと違って、栄養を摂るのではなく、体内で水素を発生させ続け、各細胞まで届けようとする発想のもと設計されています。

メーカーサイドが地道な努力をして、水素サプリの商品開発や商品改良、そして、お客様の声などをしっかり集めて情報を発信し続ければ、最終的には評価されるでしょう。しっかりと作られた水素サプリは、体感もしやすいし、リピートも起こりやすいため、ユーザーに寄りそった等身大で必要な情報が欲しいのです。

メーカーのスタンス×専門家×ユーザーの声が鍵!効果ある水素サプリを探す

ビジョンが明確な会社
メーカーのスタンスは、企業理念に近いもの。それがしっかりしていれば、専門家の情報をキャッチした、ユーザーの声もしっかり拾い、改善に改善を重ねていくと考えられます。もちろん、継続性ということも大事で、ちゃんとしたことをやり続けることが大事なのです。

当メディアも同様に、しっかりとした情報をキャッチし、本質的なことを伝えられれば健全な方向に行くことでしょう。メーカーでは出しにくい情報もうまく噛み砕き出していくことを心がけます。

その集大成が、いいものが世の中に出回っていくことです。

まとめ……水素サプリは原材料を確認するのは当然!正しい方向に向かう企業スタンスも

水素サプリを探していると本当に数多くの商品を見つけることができます。しかし、高いから良いというものばかりではありません。1ヶ月分で1万円を超えるようなものもザラにはあるし、数万円するものもあります。効果は?!と言われると、コスパがいいとは言えないものもたくさんあります。

自分の中で、良質な水素サプリを見つける前に、その会社のスタンスやビジョン・ミッションなども知れたら良いですね。水素マガジンでも、水素サプリを作る企業に焦点をあてて、発表ができたらと考えています。

>
たった30秒で登録★公式メルマガを読む