水素エネルギー問題点!クリーンエネルギーは嘘?製造過程でわかる裏事情

水素社会を実現する上で数々の問題点があります。クリーンなエネルギーとして注目を浴びています。日本のエネルギー事情としては、火力発電や原子力発電に頼っており、エネルギー効率は良いものの、同時に問題を抱えていることになります。

火力発電の場合は、化石燃料を使い続けること。石油は海外から輸入に頼っており、産油国の情勢によって高騰することもあり、いつかは枯渇してしまうものです。限りはあると言っても、代替エネルギー(オイルシェールやオリノコタール、シェールガスなど)は、数多く存在し、100年以上は安心できると言われています。

枯渇問題より環境問題の方が議論になることの方が多く、各国でCo2量を減らす方向に進んでいます。そのため、燃料を使った発電の割合を少なくし、クリーンな代替エネルギーに切り替えようとエネルギー戦略が練られています。

続きを読む

水素エネルギー入門!環境に配慮した未来社会の考察と期待

水素に関しての情報を収集すると、多くが水素エネルギーに関しての話題が多いです。再生可能エネルギーや未来エネルギーとも言われている水素エネルギーについて、まだわからないことが多いことでしょう。Co2(二酸化炭素)を排出しないことから、環境にとっても優しいと言われています。

さらに水の電気分解を上手く活用し、水素を発生させ、燃焼させることでエネルギーに変えることもできるのです。

もちろん、実現させるためには課題もありますし、安全性の疑問や爆発するといったネガティブなイメージを払拭する必要もあるでしょう。

今回は、水素エネルギー入門と題して、現在の位置とどのような社会を実現しようとしているのか。ロードマップを含めた内容をまとめました。

続きを読む

たった30秒で登録★公式メルマガを読む